亙瓦版

loading ...

朝焼け、雪の道、夕焼け、そしてウィルスミス。

染谷さんがPVを撮るためのロケハンをするというので、一緒についていかせてもらう。雪のある場所を目指して、朝焼けの高速を走る。
果たしてたどり着いた場所は快晴であった。雪がきれい。
一日かけて色々回って、東京に戻って雑務を終え、
夜、某映画館でウィル・スミスの映画を観て泣いて余韻に浸りながら帰ってたら、携帯にメールが。
「わたるさん、映画館にいませんでした?」
メールの主は、先日ライブを観に行ったTHE NEUTRALのVoのしげるくんであった。
どうやら、同じ映画を同じ映画館で同じ時間に観ていたらしい。
ほんまにびっくりした。俺と彼は色違いの同じPUMAのスニーカーを持っているのだが、(これまた偶然)それを遠くから盗み見て、俺だと確信したらしい。
どうやらご近所さんであることが判明。近々飲みに行く約束をしていたのだが、帰りは徒歩だな、こりゃ。
それにしても、毎晩偶然色んな人に会うなぁ、まったく、こわいくらいだ。

あ、同じ写真が2回ブログに登場してるよと、何人かの方からご指摘をいただきましたが、ほんとだ、間違ってる。まぁ、大目にみてやってください。
さてさて、明日も忙しいな。でも、今日のウィル・スミスみたいに一生懸命やるぞ。

w0075.jpg

夕暮れ坂。

夕暮れの坂、置き石に見えるのは猫です。
そんな一日。

w0074.jpg

帰ってきたデジカメ、英国人、金の斧。

午前中、仕事を済ませて、リハーサルスタジオへ。
榊いずみワンマンライブin松阪MAXAのためのリハ。
ちなみに2月2日が本番です。三重県地方の方、ぜひ。また牛肉食えるかな?
写真は俺の愛機、Finepix F700で撮ったもの。そう、なんと手元に帰ってきたのです!
年末、いずみさんのライブで落とした!と思ってたものがO-WESTに届いていて、
昨日のニュートラルのライブを観に行ったときに感動の再会を果たしたのである。
返してもらうときにWESTの事務所の方に、
「あなたが落としたのは金のデジカメですか?それとも銀のデジカメですか?」
と聞かれたので、「銀のデジカメです」と正直に答えたのだが、
あのとき「金のデジカメです」と答えていたら俺の愛機が没収されてたのかどうか
は不明である。不思議なやり取りだったな。

写真は休憩のときに買ったレモンティー。
いずみさんは、
「3時にはやっぱ紅茶飲まなあかん、英国人やさかいな」
って言っていたが、完全にあなたは関西人です。

そんな楽しいリハを終えて、事務所のスタジオに移動して、色んな雑務に没頭。
今の時代、インディペンデントしなきゃやっていけない。たぶん。
強くなりたいぜ。

朝から晩まで一生懸命働いて、家帰ってからご飯つくるの面倒だから食べて帰ろうと、
初めての中華料理やさんに入ったら、前に働いてたスタジオの先輩とその友人に遭遇。
びっくり。今日もラーメン屋で知り合いに会っちゃったよ。
一人寂しいご飯のはずが楽しい夕食になり、しかもおごってもらえました。
ラッキー、ごちそうさまでした。頑張れば良いこともあるもんだなとひとりごちた
帰りしな、揺れる電車。

w0066.jpg

ストリートライブ、酒、そしてニュートラルの歌。

本日はストリート。コカリクー4dも久しぶりに一緒である。
コカリクーの超超超晴れ男&晴れ女、イツロモリさんとアベコのおかげで晴れた。
すごいな、コカリクー。
最初、警察に止められそうだったけど、無事に3セットずつ演奏。
CDもたくさん買ってくれて嬉しかったっす。

夕方、いつもの飲み屋に移動して、プチ新年会。
この間の俺のブログの夢のお菓子の話について、あれは「きのこの森」
じゃなくて、「きのこの山」だよと、コカリクータカさんが教えてくれました。
気づいたんならコメントに書いてくれよう。というわけで、きのこの山です。
すげーな、コカリクー。

俺は途中で抜けて、O-WESTへ。
THE NEUTRALのワンマンライブが行われているからである。
VOのしげる先輩が激しく誘ってくれたので、喜び勇んで観に行った。
ニュートラルの歌。聴いている人の心にきちんと届いていた。
っていうか、直接繋がってる感じがした。感電しそうなくらいだ。
人間臭いんだけど、悲しみを笑いに変える力がある。
そんなライブでした。何よりメンバーのバランスがいいな。
アンコール前に、姫路から上京してからの想い出の映像が笑いも交えて感動的に
流されていた。バンド結成10周年記念的な感動作だったのだが、よく見ると結成
9周年であった。9周年でこんだけやっちゃう所も好きです。しかし
来年は仕込みが大変だろうなぁ。

で、またみんなのところに戻って飲んだクレタ。
帰りにラーメン屋に寄るという最高かつ最低のコースを辿ってたら、
そのラーメン屋でいつも髪を切ってくれてるKさんに偶然会った。

帰って、深く眠る。

w0072.jpg

八王子にて。

土曜日。
今度2月の10日に南林間のラスタンザと言う小さなお店で一緒にライブをする
今野大輔さんとリハーサルをするために八王子へ。
八王子に来たのは何年ぶりだろう。なんだか濃い街だった。
大輔さんは以前にストリートで一緒に演奏したことがある。
独特の歌詞とウタの世界があります。独特だけどたくさんの人の想いに繋がるんじゃないかな、そこがまた独特。
その日の夜、ベースのしゅんくんと大輔さんは”ぐるまま"というライブバーに
出演するというので、俺らも飛び入りで参加させてもらうことに。
タナコウさんという名古屋から東京に出てきたシンガー(この人のウタも良い)
と一緒に、お酒を呑みつつ、素晴らしい夜になった。
途中、飛び入りで朗読があったり、他の歌い手さんが歌ったり。
その間みんな自由に飲んだり話したりしてる。
音楽が生活の中で生きている感じがした。大げさではなく、日々の中に。
でもってビードローズも2曲演奏。
終電で、帰る。ありがとう八王子。

w0073.jpg

川崎にてインストア~都内を走る。

午後、車を走らせて川崎へ。
染谷さんのインストアライブ@川崎。
今回も巨大なショッピングモールである。
川崎駅に直結していて、なんだか『川崎』というイメージとは違う場所になっている。
会場は屋外のひろーい広場の(広いから広場なんだろうけど)ステージ。
季節は冬だから、もちろん寒い。
けれど、本番中は演奏に熱くなって暖かかった。
なにより、聴いてくれているたくさんの人たちの気持ちが暖かかった。
寒いのはストリートで慣れてるしね。
ステージの正面にはでっかいスクリーンがあって、演奏している自分たちの
映像が流れてた。微妙にタイムラグがあるから、あんまり見てたらストロークの
タイミングを間違えた。嗚呼。

演奏は楽し。素晴らしい日だったけど、それ以外はなんだかイライラしてたな。
やることが全部裏目に出る日ってのもあるもんだ。
まぁ、しょうがない。陽はまた昇る。

w0070.jpg

そして今日もスタジオにて。

雑務を色々。
事務所のスタジオに新しい機材が大量に入るので、
立ち会った。機材の選定は全部自分がやったので、ちょっと感無量。
良い音に変わってました。
で、夜は和泉多摩川のスタジオにてビードローズのリハ。
新曲、良い感じになってます。はやく聴かせたいな。もうちょっと練習しないと。
仮タイトルは『アロエ』だったのが、『アイエ』に変わった。

写真は、ただの青空。されど青い空。

w0069.jpg

今日もスタジオにて。

222に渋谷のクアトロで開かれる、染谷俊ワンマンライブのための
オープニングSEやらなにやらを染谷さんと一緒にたくさん創る。
スタジオの作業は的確かつ迅速であった。
あとは流し込みをやれば完了だな。

w0070.jpg

おいしいパクリ。

いくつかのミーティングを終えスタジオに移動して、
昨日のいずみさんのレコーディングの続きを少し。
写真は近くのコンビニで買ったお菓子なんだけど、どうみても"アポロ"と"きのこの森"を合体させたパクリ製品である。
味はというと、うまい。しかも安い。
考え方を変えれば、キノコの森とアポロが合体したら本当においしいだろうなと妄想していたお菓子ファンの方々にとっては夢のお菓子という事になるであろう。モラル的にどうなのかという事を置いておけば、素晴らしい創造物であることは間違いない。これを見てると、音楽だってもっと自由にやらなきゃなんて気にもしてくれる。そんなお菓子、なかなかない。
ほとんどいずみさんが食べちゃってましたが、今度俺も買おう。

帰りしな、新宿でいずみさんと後輩Mとプチ打ち上げ。
おいしいお酒と料理でした。至福也。


w0064.jpg

wake up! byebye cherry and sleep.

都内某スタジオにて、榊いずみレコーディングを。
今回は、mf247というサイトの面白い企画。
3曲ほど創る。その場の創造力で楽器を奏でて、重ねて行く。
いずみさんが歌詞を乗せると、音の世界が豊潤なものに変わる。
いや、楽しかったな。
そのうちアナウンスできると思います。
深夜、帰宅。

w0063.jpg

与野にて

本日は染谷兄のインストアライブでギターを弾くために埼玉、与野にある巨大なショッピングモールへ。
こんなにでかい店ができて、地元の商店街は大丈夫なんだろうかとちょっと心配になる。
インストアと言っても、会場は馬鹿でかいショッピングモールの中の広場。
すんげー高い天井まで、吹き抜けになっているのと、専門のPAさんがいなかったために演奏はやりづらかったけれど、本当にたくさんの人が聴いてくれて嬉しかった。HMVの店長さんも、音楽に愛のある方でした。
あ、チョコレートをくれた方、この場を借りてどうもありがとう。おいしゅうございました。
買い物をする時間もなく帰宅。

w0061.jpg

雲と相談しながら

ビードローズ、ストリートの日。
家を出るとき、小さな雪がゆっくりと舞っていた。
まぁとにかく代々木公園へ。
雲と相談しながら、何曲か演奏。さすがに真冬、指先までかじかんだ。
人通りもすくないけれど、僕らは新しい曲を演奏した。
その後、雨が本格的になってきたので急いで撤収。残念。

メンバーで食事をしたあと、ベースのしゅん君が車で送ってくれたので、
ついでに一緒に家でアイスを食べる。
高校のときに使ってた地図帳を見ながら、日本や世界の話をした。
なんだか楽しかった。
次のストリートは28日。晴れるといいな。

w0062.jpg

I remember the night and the Tennessee Waltz

夜までに色々と仕事を片付けて、Blue Note Tokyoへ。
ホリー・コールの3年ぶりの来日公演を観るためである。
久しぶりに観るホリー。
素晴らしい音楽の会話。特に、ピアノのアーロン・デイヴィスの演奏は何度聴いても素晴らしい。決して派手ではないし、器用でもないのだけれど、タッチとコードワーク、そして絶妙なタイム感で、最初の一音だけで風景を映し出してしまう。
音楽で景色を描き出す。想像力の世界。
素晴らしい夜だったな。

w0056.jpg

祝 榊いずみニューアルバムついに完成!

長い間かかって、一緒に創ってきたいずみさんのニューアルバムがついに完成。
タイトルは『Family Tree』。家系図って言う意味もあるらしい。
思えば、2005年の年末に作戦会議を始めてから1年とちょっと。うーむ、感慨深い。などと思い出す暇もないほど、今日はマスタリングに熱中してた。
作業中はある種のトランス状態に入ってしまっていて、爆音の中で瞑想しているような不思議な気分なのだが、曲を聴きながら、「あれ、こんなに俺ギターうまかったっけ?」なんて思ってたら一彦さんが弾いた曲でした。嗚呼。
しかし、中には1分以上に渡り、LR同時多発的に俺のソロが続くナンバーもあります。要チェックですね。

まぁとにかく、音は仕上がった。最高かつ、大切な大切なアルバムです。
4月発売みたいです。
決まったらお知らせします、みんな聴いてね。
深夜、いずみさんと握手をして別れる。
冷たい風が心地よかった。

w0054.jpg

お酒と未来への話と。

夕方までに、色んな仕事を終えて、夜はお寿司をごちそうになり、たくさんの酒を身体に流し込んだ。
自分的に色々と悩む時期でもあり、けれど、きちんと話す事で見えてくるものがある。確固たるものを持っている人は強い。そう感じた夜だった。

そうそう、ブログへのたくさんのコメントありがとう。
昨日の記事が2020年7月20日に投稿していた事になってて、色んな方からご指摘をいただきました。それにしても、2020年の7月20日、俺は一体どこで何をしているんだろう。14年後か、想像できる?
俺は42才になっているはず。

それから、米子の写真はラーメンの看板の文字が反対になってますね。
何でだろう。謎はつきない。悩みも尽きないけど。

w0052.jpg

東京。

東京中を回る一日。色んな準備やあれこれあれこれ。
いずみさんのアルバムマスタリングが迫っている。素晴らしいアルバムにしたいので、色々と試したい事も今のうちにやっておいたり。
今日は東京を色々巡った。
深夜、スラムダンクを久しぶりに読み返して感動した。
バスケがしたいです。


w0049.jpg

穏やかな日曜。

おだやかな日曜日。猫が爪を研いでいた。俺もこっそり爪を研がなきゃな。

w0048.jpg

土曜日。

本日は土曜日らしい。
スタジオに行って、今日も音をいじった。後輩が誕生日だったので、酒をおごった。そんな一日かな。

ww0050.jpg

機材をいじったり

一日、機材をいじったりして、音と戯れる。っつーか、格闘。
音楽って、難しい。けれど、楽しい。

全然関係ないけど、写真は米子の駅前。この写真のどこかにおかしい場所があります。よく探してね。

w0051.jpg

音楽の夜

朝起きて、とりあえず走った。
スタジオにて、いろいろと作業。夕方頃に染谷さんが来て、
ウェブラジオを録音する。その他にFM用のコメントをいくつか。
「じゃあコメント3分で」ってお願いしたら、時計を見ていないのにぴったり3分で終わらせる事が出来るって言うのはひとつの特技だと思う。すげーな。

夜は吉祥寺でライブを観る。ギネスを飲みながら。素晴らしい夜だった。

w0046.jpg

準備の日々

夜まで、雑務をこなす。
ようやく身体もすばやく動けるようになってきたかな?

w0047.jpg

クアトロへ。

夕方、2月22日に、染谷俊ワンマンライブが行われる渋谷クラブクアトロへ、染谷チームで下見に行く。222は染谷兄のバースデイで、気合いの入り方も相当なものがあるのである。ステージに上がってみたりして、メンバーの場所とかを確認。俺も気持ちが盛り上がりマッス、押忍。
このライブの為にはまた合宿にも入る予定。楽しみだな。

その後、ビールを飲みつつ作戦会議。10年後の自分は、どんな風になっているかなんて話も出た。みんなけっこうビジョンがあるみたいだ。口には出さないけど。俺にもなんとなくあるけど、まだまだぼやけてて、姿があいまいだな。
とりあえず日々、目の前の事を全力でやって行くしかないなぁなんて、思った冬の帰り道。


w0044.jpg

グローブを買いに。

正月ボケの俺。スタジオワークの仕事があって、いそいそと準備をして出かけようとした矢先に確認してみたら、依頼された日は2月の8日であった。
まったくよう。
ぽっかり時間が空いたので、友人のHくんを呼び出して、野球のグローブを買いに行く事にした。車で数軒店を回って、合間にバッティングセンターにも行ったりしたのだが、これだ!というグローブが見つからない。
結局、最後は下北沢まで足を伸ばして、マリオというお店で(野球を愛している感じがするお店)ワゴンセールのグローブを購入。SSKの黒いグローブで、ひもは赤。かっちょいー。そのうち写真も載せます。
だらだらと帰っていたら下北の路上でもう一人の友人Hに遭遇。A型3人で定食を食べる。なかなか面白い一日。

家に帰って、グローブをはめて満足してたんだけど、そういえば相手がいなかったらキャッチボールって出来ないよね。キャッチボールの相手募集中。


w0043.jpg

柴又にて

新年の初詣をする為にどこにいこうか悩んだのだが、柴又の帝釈天に行く事にした。大好きな寅さんの銅像の前で写真もとりましたよ、ええ。
お参りをすませて、参道にあるお店で天丼とビールを。
こういうのを、小さいけれど確実な幸せって呼ぶんだろうな、確かに幸せでした。
w0045.jpg

ギターを弾く。

新年。そろそろ動き出さねばならぬ。
久しぶりに自分の部屋で自分のギターを弾く。
岡山では、ずっと兄貴のギターを借りて弾いたりしてた。
そうこうしているうちに日が暮れるね。

w0041.jpg

東京へ。

昼過ぎの新幹線で東京へ。
ほとんどの間眠っていて、時折起きては、車窓を写真に撮ったりした。
ひとつひとつの灯りに、それぞれの家族がいるんだなぁなんてことを思った。
東京。今年もここでがんばろうっと。

w0036.jpg

本を読む。

また岡山に戻り、さくらの散歩をしたり、読めなかった本を読んだりする一日。
夜、ビールをたくさん飲む。

w0031.jpg

米子へ

2人の甥っ子に会いに、米子へ。
バスでゆっくり揺られて行った。バスは好きだ。っていうか、岡山から米子行きの電車は"振り子電車"といって、振り子の原理でカーブを曲がるのでとても酔いやすいのである。なのでパス。
到着予定時刻ぴったりに米子に到着。
迎えにきてくれた兄と、植田正治写真美術館にいく。
生涯アマチュアを貫いた写真家の軌跡。素晴らしい写真の数々。
UEDA-CHOは、そのまま世界で通用する言葉になってる。
この写真美術館を観たあとは、みんな写真が植田調になるらしい。
俺も。

w0039.jpg

で、二人の甥っ子に会って、大阪に住んでる親戚のかわいい女の子たちにもお年玉を渡したりして、叔父さんの役割終了。
米子は大山が美しい町だ。また来たいな。

w0038.jpg

犬小屋をつくる

兄貴に譲ってもらったデジカメで、ようやく新しい写真が載せられます。
その間、久しぶりに一眼レフで、リバーサルフィルムを使って写真を撮っていた。シャッターの感覚がやっぱりいいな。これも楽しみ。
岡山は雨。ガレージにて、愛犬さくらの新しい小屋を買ってきて組み立てた。
そんな一日。久しぶりにゆっくりしてるなー。

w0037.jpg

あけまして

おめでとうございます。ことしも瓦版をよろしく。

5年ぶりくらいに、実家の岡山に帰ってます。しばらくだらだらと休養を取る予定。元日は新幹線も空いてた。奇麗な富士山が車窓から見えたよ。

朝焼けの写真で、2007年のはじまりです。

w0029.jpg