亙瓦版

loading ...

ミーティング

夜、ビードローズのミーティング。こうやって集まって話だけするのは久しぶりだなぁ。
今年一年、ニューアルバム完成までの道のりをカレンダーに書いてみた。
こうすると、やるべきことが見えてくる。それが一筋の道になる。
とりあえず、振り向かずに進もう。
広い景色が見えるアルバムにしたい。

w0121.jpg

3月28-29

榊いずみライブDVD発売!の為に、音の部分のミックスを頼まれたので2日間、
スタジオに籠る。
自分の演奏はさておき、バンドは素晴らしいグルーヴを出していた。
レコーディングを経てパワーアップした音を、より良い方向に創っていく。
両日ともに、近くのスタジオで仕事をしていたいずみさんが駆けつけてくれた。
2日目、完成したミックスを全部通して一緒に聴いたのだけれど、
自分のMCがちょっとでも長いと、「はやく次の曲やれー」とか、
いちいち突っ込みを入れるいずみさんが面白かった。
そんなこんなで六本木のスタジオを後に。
駅まで、ゆっくりと歩いた。充実感、少しずつ。
こうして毎日、小さな頑張りが小さな幸せを産んでいく。
これこそが一番大切なことだと思う。

音楽の夜

昼から、染谷チームのミーティング。未来のことを色々と決めていく。
どういう方向でいくか、みんなの知恵が必要になる。
その後、渋谷で軽く染谷さん達と飲んで、途中で抜けてTHE NUTRALのライブへ。
アコースティックライブ2daysの2日目。voのしげるくんもメンバーも、
生き生きと音楽を楽しんでいた。それにしてもこのバンドには良いファンがついている。
ライブ会場の雰囲気や、ちょっとした事で(場所の譲り合いとか)わかる。
他にはない、優しい空気が漂っている気がする。これもこのバンドが積み上げて来たものなんだろうな。
ちょこっと挨拶をして、夜の渋谷の街を歩く。良い夜でした。

w0124.jpg

中止

今日はストリートライブのはずのはずだったのだけれど、無情の雨。
仕方がないので、ゆっくりと家で過ごす。言葉が浮かんでくる。
春になってきたね。

w0120.jpg

下北沢にて

本日は下北沢440にて、榊いずみアコースティックワンマンライブ、
SYNCHRONIZED☆SINGING Vol.3。
夕方、会場に入り、リハーサル。
今日のゲストはギタリストの中野督夫センセイ。
いずみさんがデビューしてから武道館でライブをやるまでのバンドでバンマスをしていたお方である。
その強烈なパーソナリティと、ギターの技にマジ尊敬っす。

開場前、できたてのPVをスクリーンでみんなで鑑賞する。
もったいないので、お客さんにも1部と2部の間の休憩時間に観てもらうことになった。今日来たお客さんはラッキーですね。

で、本番。
いずみさんも本当に楽しそうに歌っていて、俺も演奏が本当に楽しくて嬉しかった。
いずみさんも中野さんも、人を惹き付けるパワーの持ち主である。
自然に回りに人が集まっていくというか…。

雨にもマケズ、風にもマケズ、そういう人にワタシもなりたい。

素晴らしい夜。

w0119.jpg

これはリハ風景。このふたり、最高ッス。

リハ。

24日に下北沢440で行われる、榊いずみアコースティックワンマンライブのリハーサル。
久しぶりに会ったいずみさんはとても元気な様子。
途中からギタリスト中野督夫センセイも加わって、良い感じにリハ終了。
自分は課題を残してしまったので、家に帰ってからちょっとコソ練をした。

で、いずみさんから「Family Tree」という曲のPVのデータをもらったので、早速視聴。いやぁ、涙が出ました。
寺島進さん、中村優子さんが出演しているこのPV、いつかみんなに観てもらいたいなぁ。。
それにしても、素晴らしい曲である。425にアルバム発売です。ぜひ。


w0117.jpg

塔。


空を見上げることの多い今日この頃。春の空は淡い色をしている。

w0116.jpg

初めてのファンクラブ。

今まで、ファンクラブというものに入ったことがない。
ものすごく好きだったアーティストや、10代の頃好きだったあんなひとやこんなひとのファンクラブにも入ったことがなかった。
しかし、生まれて初めてファンクラブに入りました。それは…

「東京ヤクルトスワローズファンクラブ」である。

なぜヤクルトなのか。そこにはいくつかの理由がある。

1.とにかく今年は球場に行って野球が観たかったこと。
(広いスタジアムでゆっくり飲むビールは本当に美味いのだ)
2.ビールを飲むスタジアムはドームでは良くない。
(空が広い方がビールが美味しいのである)
3.応援するならば今住んでいる東京がホームのチームであること。
(巨人が苦手、しかもホームがドームではないとすれば、必然的に神宮球場を選ぶことになる)
4.コカリク-4dのモリさんが熱狂的なヤクルトファンだったこと。
(今年はなるたけ一緒にいきましょう)
5.帽子が決定的に似合わない俺が初めて似合うと言われたのがヤクルトのベースボールキャップだったこと。
(その時の帽子、モリさんがこんどくれるみたい)

まあ、以上のような理由で、入会したわけである。
ちなみにファンクラブに入ると5試合ほど外野席にタダで入れて、
キャップとユニフォームももらえる。で、5,000円也。
安い。安すぎる。

今年は、できるだけ神宮球場に通おうと思う。
外野席で見かけたら、一緒にビールでも飲みましょう。ぜひ。

w0118.jpg

3月17日

いつの間にか間が空いてしまって、しっかし、後で日記を書こうと思ってもなかなか思い出すことが出来ず…。
俺は一体何をやってたのでしょうか。ちゃんと生きてます。はい。
で、17日に飛びます飛びます。

午前中、親友のHくんを呼び出して、キャッチボール。
久しぶりのキャッチボールは本当に楽しかった。腕が痛かったけど。
随分前に買ったグローブ、初めて使った。
自分のグローブは良いものである。なんだか持ってるだけで嬉しい。
Hくんは長年野球部だったからして、硬式用のグローブを持っている。
Hくんのそれはまるで新庄のグローブのように使い込まれてボロボロだったが、なんだか、かっこ良かった。

キャッチボールはただのボールの交換ではない。一球一球、お互いにメッセージを込めて投げるのだ。
喋りながら投げるわけではないけど、なんらかの意識の会話は成り立っている。一人で出来ないところが好きだ。

その後、バッティングセンターにも行って、別れる。

夜はコカリクー4dのVOのモリさんが南林間でライブをやるというので行ってみた。
先日、自分たちも演奏させてもらったラスタンザというお店。
なぜかうちのドラムのコジマがベースを弾いていて、しゅん君がパーカッションをやっていた。で、それぞれのバンドのメンバーが酒を飲みつつ、ひやかしつつ、音楽を楽しんでいた。おかしな光景。とても良い空間だった。結構酔っぱらって帰る。
そんな一日。

w0115.jpg

昨日は飲み過ぎたよ。

昨日の飲み過ぎはいつだって朝反省することになる。嗚呼。
午前中から色々とミーティングをして、夕方まで働いた。
音楽と本は話さない今日この頃。

w0112.jpg

路上にて

代々木公園付近で、コカリクー4dとストリートライブ。
場所をちょっと移動したり、雨が上がるのを待ったり、
けれど、本当にその後の午後の光が素晴らしくて、
ただただ自分たちの音と斜めに射す光がすっと溶けていくのを感じていた。青春!

帰り道、いつものようにいつもの飲み屋で酒を飲む。
口喧嘩しても、伝えたいことは一緒。酒飲みながら青春。

w0113.jpg

春待ち

急に真冬のように寒くなったり、あたたかくなったり、
こうして春を待つ気持ちはもっともっと強くなっていく。
一日中、本を読む。

w0110.jpg

車窓三点

窓に流れる景色をずっと眺めていた。
ひとつひとつの窓をみていると、全然飽きなかった。

w0105.jpg

w0106.jpg

w0107.jpg

窓から

やんごとなき用事で、2,3日出かけていた。
「ソラニン」を読んで泣いた。
窓の外には、変わりゆく景色と、人の生活があった。

w0109.jpg

ライブの夜

吉祥寺にて、ビードローズライブ。
春。まさに、春。そんな天気。
本番を終えて、もっと歌っていたかったなという気持ちが、素直に出てきた。
新しい曲も演奏した。僕らはまた新しい境地を目指すのだ。

考えることがたくさんありすぎる日々だけれど、
(未だに自分は一体何者なんだろう、何のために生きているんだろうと思う)
無限にあるその答えのひとつひとつを、音楽で表現できればいいなと思う。
そして、そのちいさなかけらが、誰かの耳に届き、体に響けばいいなと思う。

MC下手ですんません。日曜日、遅い時間まで一緒に過ごしてくれたみなさん、
本当に本当にありがとう、心から思っています。


w0104.jpg
pic by Hidehiko Kuwahara

1歩

世間はひな祭りらしい。俺には直接関係ない。あたりまえか。

一歩踏み出すために、新曲を一人でひとしきり歌ってみる。難易度高し。

あとの時間、明日のライブで何を話そうかと考えている。
話したいことは…特にない。伝えたい歌は…たくさんある。
MC下手ですんません、勘弁してください。

踏み出せー。

w0102.jpg

最終リハ

2日後に迫ったビードローズライブのためのリハーサル。
すこし体調を崩していたベースの俊くんもどうやら回復して来た様子、
本当に良かった!やっぱ君の低音がないと音楽が成り立たないよ。

最後に、演奏する曲を全部通して歌う。
少しだけ、景色が見えたような気がした。新しい歌、誰かの心に響くといいな。
帰り際、いつものように馬鹿話をしてメンバーと別れる。
今のこのバンドの感じが大好きだ。

w0103.jpg

明日は明日の風

午前中、いつものKさんのところで髪を切ってもらう。
いつも同じようにカットしているように見えるけど、
よーく観察すると、細かい技が増えていたりする。さすがですね。

今日も、夕方まで色々とこなす。
ライブに向けての準備も。


w0100.jpg