亙瓦版

loading ...

仕事

ここ最近、事務所のスタジオの改装工事にかかりっきりになっている。
建築というのはやはり予定通りには行かないもので、作っているのはやはり人であるし、
人が作ったものを人が使うという意味で、ほんとに人間らしいっていうか、何言ってるかよくわかりませんね、すみません。
要するに、きっとみんなも思い当たると思うけどこの世の中やはり人なのである。良くも悪くも。その“人”ってやつをうまくまとめられればきっと良いものが出来る。
どんな仕事もそうだよね?

先日、ある友人が、労働の価値というか、自分がやっていることが果たして本当に世のため人のためになっているのか!?という悩みがある…みたいな話をしていた。
まぁ確かに他の仕事に比べると、音楽の仕事なんて漠然としていて、はっきりと人のためになっているとは(直接的には)言えないけれど、音楽にしか出来ないことが確実に存在することは確かだ。これは胸を張ってもいい。だから、胸を張って送り出せる作品を作っていくべきだし、創らなければならないのだろう。きっと。

クタクタに疲れた深夜の帰り道、そんな難しいことを考えながら自転車をこいで帰る。
テレビをつけると、パンダのドキュメンタリーをやっていた。中国にパンダを育てて自然に帰すことを目的としている施設があって、(まぁ中国でしかありえないのだが)
最初は横目で見ていただけなんだけど、気が付けばテレビのまん前でずっとみていた。
パンダパンダパンダである。あぁ、パンダ、君にあいたい。

w0154.jpg

Comments ( 2 )

No complaints on this end, slipmy a good piece.

U9eZEF pdxdyideafvj

コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。

トラックバック(0)

このブログ記事のリンクURL:
http://watarublog.beadroads.com/2007/05/post_105.html

このブログ記事に対するトラックバックURL:
http://beadroads.com/mt/mt-tb.cgi/130