亙瓦版

loading ...

最近の日々。

小淵沢から帰って、更新がまったく滞ってた。今は実家の岡山でこれを書いてます。
横では愛犬のさくらが寝てます。短い滞在ですがやつに久しぶりに会えて良かった。
犬ってのはいつも同じ体温で接してくれる。俺もそんな生き物になりたい。

さて、最近の日々をなんにも書かないのもちょっと味気ないので、一応順を追って思い出してみようと思う。長くなるし、そんなにおもろくないと思うので、興味のある方だけ読んでください。単なる日記だし。

6月24日
染谷俊小淵沢REC最終日。午前中、今回のセッションの簡単なラフミックスを作って、東京に帰る準備をする。外は大雨。小淵沢の雨は豪快である。車に機材を積むのに一苦労。
でもみんなの働きでスムーズにいく。
1週間の滞在の間、色んな事があったなぁ。次から次へと色んな人たちが来てくれたのも嬉しかった。個人的には自分のバンドBeadroadsがレコーディングに参加してくれた事、自分たちにしか出す事のできない音を披露できた事がなによりの収穫だった。

帰り道、TKさんと後輩エンジニアのMGさんとの旅路。途中、事故渋滞。
ちょっと予定をオーバーして東京に帰って来た。首都高から見る眺めは大都会。
慣れない眺めにドギマギする。荷物をスタジオにおろして、ようやく一日が終わる。


w0178.jpg
大自然の中ブログをアップするマルソメ先生

6月25日
事務所スタジオにて明日から再開されるレコーディングに備えて機材のセッティング。
これも一日仕事である。夜、Beadroadsのリハーサル。自分たちが主催するイベント『ROCK IN THE PAN Vol.4』が7月10日に控えている。新曲の歌詞を詰めなきゃー。

6月26日
本日より染谷俊RECダビング作業再開。ギターを中心に、どんどん楽器を追加していく。
深夜まで。染谷さん、小淵沢の後、高熱でぶっ倒れていたのにもかかわらず、1曲歌を入れる。素晴らしいパフォーマンス。

6月27日
今日は一日だけTHE NEUTRALのレコーディング。
かねてから、新しい曲達を録音して欲しいと頼まれていた。彼らとのセッションは本当に楽しい。笑いが絶えないのである。疲れてくると突っ込みが入れられなくなる俺。ごめん。MCを重視するバンド(笑)、THE NEUTRALは演奏もなかなかやりますね。
深夜、家の近くまで送ってもらう。良いテイクが録音できた。おつかれさま。

6月28日
夕方まで、染谷さんとダビングの続きを。パーカッション類もたくさん入れて行く。
夕方、ミトモっちがBASSのダビングに来てくれる。さすがのセンスで3回ぐらい演奏して最初のテイクが選ばれる。
その後はバイオリンとチェロのレコーディング。終電間際まで。

6月29日
朝からレコーディングをはじめて、夜までに、3曲もの歌を完璧に録音。さすがです。20時から近所のリハーサルスタジオで30日に行われるPV撮影の為のリハーサル。
今回のバックバンドは我がビードローズである。ベースはコカリクーの高さん。
無理言ってごめんね。
PV撮影の後にミニライブも予定しているのである。4曲、染谷さんの曲をみんなで演奏。
ウタ入れの後リハって…しかし疲れた表情も見せないマルソメ先生、今日もさすがですね。

6月30日
朝6時に起床。Beadroadsあっちゃん、コカリクーの高さんと、オギさんを乗せて蒲田へ。日本工学院のキャンパス内にあるライブハウスにて染谷さんの『ベストフレンズ』のPV撮影。撮影はとっても過酷で、楽屋でビリーズブートキャンプを冗談で見ていたのだが、ソメヤズブートキャンプ状態であった。参加してくれたファンクラブのみなさんが一番大変だったんじゃないかな、タオルを回すのがあんなに大変だなんて知りませんでした。しっかし長時間に渡って同じ曲を何度も何度もみんなで聴いていると連帯感が生まれてくるもんで、ミニライブでとどめに演奏した『ベストフレンズ』は史上最高の盛り上がりを見せた。
でも、今日はこれだけでは終わらない。スタジオに直帰して、またダビング作業再開。
キーボードで色んな音を演奏。途中、あつことコジマちゃんが陣中見舞いに来てくれる。
深夜、帰宅。本当におつかれさま。


w0180.jpg


7月1日
朝10時からビードローズリハ。さすがにみんなちょっとした筋肉痛。
ベースの俊君も昨日はライブだったらしく眠そう。でもイベントに向けて頑張るのである。リハ終了後、僕らはストリートライブをやる為に代々木へ。コカリクーのみんなと、今日は古瀬トリオも参加。
前回調子の悪かった赤色一号(発電機)が、今日は完全に昇天なされた。急遽、レンタルする事に。いままで僕らを支えてくれてありがとう、赤色一号。(後日、修理を見積もったら見てもらうだけで5万もかかることが判明。すでに購入価格を超えている…)
なかなか良い演奏をして、俺はみんなと別れスタジオへ。
夜からバイオリンRECの続きを。本日も深夜に帰宅。

7月2日
本日より最後の歌入れ2日間。ダビング作業も大詰め。
とにかく頑張るしかない。ニャイ。

7月3日
歌入れ、ダビングが全て終了。遅い時間から、ちょっとだけみんなで飲む。

7月4日
怒濤のトラックダウンウィーク。本日から泊まり込みで作業である。
染谷さんも来てくれて、出来上がったトラックを確認していく。
結局朝4時まで。

7月5日
朝10時頃からはじめて、深夜0時くらいに近くの銭湯に行く。
「梅の湯」っつー、シンプルな名前である。深夜1時までやってる。
結構若者が多くて、多分寮に入って新聞でも配りながら勉強している連中なのだろう。
何年も経ってから、梅の湯を思い出したりするんだろうな。
なんて思いつつ、帰ってから作業に復帰。朝4時、就寝。

7月6日
10時に事務所スタジオを出て、二子玉川にあるリハーサルスタジオへ。
榊いずみワンマンライブのリハーサルである。久しぶりにバンドの諸先輩方に会えて嬉しい。リハーサルもなかなか良い調子で進む。いずみさんはさらにおなかが大きくなってる。ベースのスミさんはベースの弾き過ぎで腱鞘炎になっていた。ドラムのスエちゃんのハネルドラムでリハーサルはスタート。
ここでは舞台監督のFさんがムードメーカーである。いやはや、楽しかった。
19時頃終了して、またスタジオにトンボ帰り。作業を再開する。また夜中に風呂に入って、朝まで。

w0181.jpg

7月7日
七夕である。曇っている。本日も同じ時間に二子玉川へ。明後日のライブの為のゲネプロ。このバンドの呼吸もみんな思い出して来て、ばっちり良い感じ。
18時頃、積み込みを終えてみんなと別れる。
でもって俺はやはりスタジオへ。同じように深夜に『梅の湯』に行き、朝までTD。

7月8日
榊いずみワンマンライブ。昼に会場入り。
いずみさんはこのライブのあと、しばし産休期間に入る。
バンドは成長を続けていた。そんで、今日の演奏は本当に楽しかった。
本当にさみしいな、しばらくこのバンドでのライブがないなんて。
そんな気持ちになる夜。
まるで"水曜どうでしょう"のダイスのように、やはり俺はスタジオに帰る。

w0182.jpg


7月9日
午前中からミックス。本日は最終日である。夜7時、終了。本当に優しくてその中にきちんとメッセージがあって、素晴らしい曲が詰まっている。
恵比寿のリハーサルスタジオに移動して、明日のビードローズライブの為のリハーサル。
最終的に、新曲もなんとか披露できるところまで来た。良い曲だ、明日が楽しみ。
帰宅後、明日使う映像を作る。なかなかうまくいかず、時間が過ぎていく…眠い。
明け方、ようやく終了。

7月10日
ROCK IN THE PAN Vol.4当日。会場のstar pine's cafeには出演バンドのみんなが既に集まっていた。今回はパンも配るし、オムニバスのCDも配るし、色々と工夫を凝らした。ありすた、コカリクー4d、古瀬智志ピアノロックトリオも趣旨を十分わかってくれて、良い雰囲気。
開演前も開演後も、ばたばたと忙しかったけど、みんなの演奏に救われた。
奇麗な声と素晴らしい演奏のありすた、3人で個性的なグルーヴを創り出すコカリクー4d、センチメンタルなんだけどライブでは力強い古瀬トリオ、今日の為に集まってくれて本当にありがとう。ビードローズもなかなか良い演奏だった。音楽を十分に楽しんだ。
スタパのFさんはじめ、舞台監督をやってくれたKさん、PAのIさん、照明もきれいだった、そして最後まで計算に付き合ってくれた受付のSさん、お客さんとして来てもらったのに急に手伝わせてしまったKさん、PVつくってくれたHくん、そしてフライヤー、オムニバスCDの素晴らしいデザインをしてくれたMちゃん。何よりも集まってくれたみんな。本当にありがとう。人生の大切な時間を僕らと一緒にいてくれてありがとう。

明け方、荷物の積み降ろしが完了。素敵な一日だった。


w0183.jpg


7月11日
朝、機材を積み込んで築地にある古巣のマスタリングスタジオへ。
染谷俊ニューアルバム『&LOVE』のマスタリングの日である。
セッティングを終えて、後輩のMGさんがアシスタントについてくれて、約6時間後、ついに完成。来てくれたスタッフのみんなと最後に通して聴く。ついに終わったんだな。ちょっとだけ寂しい気分になる。
夜、機材をもどして、ようやく長い日々が終わった。

Comments ( 4 )

怒濤の日々、お疲れさまでしたー。
染谷のNew Albumへの期待がますます高まります。
『ROCK IN THE PAN』も最高の盛り上がりだったし。
Beadroadsの2nd Albumも、期待してますよーw

ところで14日に岡山にいたんですねワタルさん。私も行きました岡山。デジタルミュージアムへ、明和電機のナンセンス=マシーンズ展+ミニライブを観に。明和電機の意味のある意味の無さ、そのセンスが大好きで。

もちろん、Beadroadsのセンスも大好きですよ^^

Posted by

岡山でじいちゃんに、明和電気の事を激しく質問されました。説明しにくいですよね、明和電気。。

Posted by

X6tWq6 xftpbtwobkyw

OtFHVi liycbrggrten

コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。