亙瓦版

loading ...

銀座にてインストアライブ、そして新しいギター、ついに。

山野楽器の銀座本店にて、染谷俊『&LOVE』発売記念インストアライブ。
インストアと言っても、7回にある奇麗なイベントホールでのライブである。
そこにはグランドピアノが置いてあり、今日は俺のアコギとのアコースティックな編成。
生ピアノというのは一台一台癖があって、ピアニストはまずそれを掴むのにちょっと時間がかかる。一音一音、響きを確かめるように染谷兄がピアノを弾く。それに合わせてリハーサルを。
本番中、演奏するのが本当に楽しかった。先日の東京、大阪でのライブのおかげで曲が体に染み付いているというか。個人的にはアレンジをゆっくりにした『いってらっしゃい』という曲が良かったっす。
それにしてもやはりグランドピアノというのは響きがふくよかで気持ちよいですね。

いったん事務所のスタジオに戻り、恵比寿のギター屋さんサイケデリズムへ。
先日HOLDしておいた新しいエレキギターを取りにいく。
俺のギターヒーロー藤井一彦先輩もリペアをする場所を探していたらしく、一緒に行くことになった。

さて、新しいギター。改めて見て、ほんとにかっこ良くて、嬉しさがじわりじわり湧いて来た。一彦先輩も弾いてみて、太鼓判を押してくれた。っていうか、それをよこせと言われました。いずみさんに写メールを送ったら、かっちょいーギターじゃないかー、くれー!と言われました。先輩方…。

ともあれ、先輩のグレッチも入院し、俺は俺で新しいギターを手にし、喜びにあふれております。そんなにたくさんのギターを持っているわけではないんだけれど、だからこそ、ギターを買うとき、これだ!と思ったギターを持つと、背中に電流が走る。
それは例えるなら恋に落ちる感じに似ている。大げさじゃなくて、ほんとの話である。作り手の経験や挑戦や、色んな想いが詰まったギター、これからメインで使っていこうと思います。

事務所のスタジオに帰って1時間ほど、アンプを通して弾いた。


w0225.jpg


w0224.jpg

Comments ( 6 )

サイケデリズムのブログのリンクからきました!
あのテレキャスは佐藤さんの所にいったんですね。
あの黒くかつオシャレな楽器を見たとき、
「あ、ピアノに雰囲気負けしない気品があるな~。」
と思いました。
まさしくグランドピアノの隣りで
「coolな感じの人」がブリティッシュなAmpなんか弾いたら
メチャクチャかっこいいなこりゃ! と。
そんなイメージ描いていたんで、
まさにピッタリ??!

びっくりしました。
サイケさんの楽器はピッチもコードの響きもバッチリだし、
今後の佐藤さんのギタープレイ、興味津々です!
がんばってください。
ではでは、長文、失礼しました~(^^)/

Posted by

そうなんです、帰ってVOXで弾いてみたんですがやっぱり出音がそうとう良かったです。
特にmixポジションは最高です。ドイツとスウェーデンのピックアップが日本で恋に落ちた感じです。甘美ですね。
サイケでも話していたんですが、ギターを買うときの入り口で"見た目"ってとても大事ですよね。
もちろん音もですが。

大切に弾こうと思いまーす。

Posted by

わたるさん☆

ご無沙汰しております。お元気ですか(^ー^)
ここ最近、染谷さんのライブに行くことが出来ず、
たまにこちらの日記を拝見しては、わたるさんの笑顔を思い出したりしております。

今年もあと2ヶ月ちょっとですね~~早い!!
日々お忙しいことと存じますが、お体に気を付けて、毎日を充実させて下さいね!

またライブでお会い出来るのを楽しみにしております。

Posted by

コメントありがとうございます。
元気にしてますよ。

ほんと、月日の経つのは早いですね、僕なんか今日が何日で何曜日なのかも人に聞かなきゃわからないありさまです。(困ったもんです)


またぜひライブに足を運んでくださいね!

Posted by

Super ecxeitd to see more of this kind of stuff online.

EoIwsf dzavvlorkwlf

コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。