亙瓦版

loading ...

世界征服の花

また朝です。1時間ずつ毎日がずれて行く。でもって、EURO2008とかやってる日には
眠る暇もないですよね。

今日は仕事の合間をみて、古瀬っちのライブを渋谷に観に行ってきた。
古瀬智志ピアノロックトリオは、声の高いボーカリストと声の低いベーシストと、
それを後ろで支えるドラムの高野さんからなる愉快な3人組である。
久しぶりに観た彼らは確実に進化していて、聴きながら、強さとか弱さとか、色んな景色が浮かんできた。
721のロックインザパンがますます楽しみですね。

一日中ミックスでスタジオに籠っているので、良い気分転換になった。
爆音を聴いた後はしばらく耳が使い物にならないけど。

梅雨にも負けずにここ最近毎日自転車を飛ばしているのですが、
最近、道路脇にはこの花が異様にたくさん咲いている。
あなたの周りにも咲いているかもしれない。

最初は綺麗だなぁなんて見ていたのだが、良く見るとけっこう姿形が毒々しくて、
このままこの花が日本の国土をどんどん侵略して行って、やがて人間もみんな食われてしまうのではないかなどというくだらないことを考えながらペダルを漕いでいます。
たいてい、自転車に乗っているときは馬鹿なことを想像しています。
寝なきゃ。


w3046.jpg

雨男通信 vol.3

なんやかんややってたらいつも明け方になってしまうワタルです。
みなさんお元気ですか?

今、新聞配達のバイクの音が聞こえました。

みんな夢の中かな。

今日は色々伝えなきゃならないことが。
まずはやはりビードローズのニューアルバムのことですね。
いよいよ、7月21日、海の日のライブ、ロックインザパンvol.4
から発売になります!!

先日、ジャケットデザインをやってくれているMちゃんに、出来上がったものを見せてもらいました。すばらしいのなんの。
餅は餅屋、その道のプロフェッショナルはすごい。
もうすぐ大きな画像でお見せできると思います。
っていうか、買って見て感じてください。パッケージがどんどん無くなって行く世の中ですが、こういうのを見ると、やはり手に持てるものは良いなぁと感じます。
エイミーマンの新作なんか、ほんと絵本みたいなジャケットだったし。
人は自然を破壊しながらでないと生きては行けないもの。
それをわかった上で、どれだけ自然とともに生きて行くか。
うーん、早朝から難しい話題ですね。話を戻します。
通信販売も、もちろんやって行く予定です。もうすぐアナウンスしますね。

lifeisgood_minijkt.png

7月21日のライブは、選りすぐりのバンドを4つ集めた、ほんとに楽しくて損をしない夜になります。これ、絶対。
だから、今からぜひぜひ予定を空けておいてくださいね。

リクエストにお応えして、場所と日程をもう一度。

Beadoads presents ROCK IN THE PAN vol.4 ~夏がはじまる、歌が聴こえる~
会場:青山 月ミル君想フ
http://www.moonromantic.com/

Beadroads/コカリクー4d/古瀬智志ピアノロックトリオ/ユウテラス(f.神戸)
■open/18:00 start/18:30 ■前売 \2,500 当日¥3,000 (+1ドリンク)

sound humanさんが作ってくれた、各バンドのHPに飛べる特設サイトはこちら
http://www.soundhuman.com/rockinthepan/

チケットはビードローズのホームページからメールをください。
http://fm.sekkaku.net/mail/1177720372/

それともうひとつ、昨日ですか、avexから発売されました、
高杉さと美さんのニューシングル「ありがとう」。
c/wの「もう一度はじめよう」を、僕が作曲してます。
詞は高杉さん本人で、とても良い前向きな歌になってます。声も良いですねー。
ぜひぜひ聴いてみてください。

up_34022_max.jpg


ではおやすみなさい。


w3045.jpg


「犬になって 猫になって 一日中横になって すぐそばで君にふれていたい」
っつー歌詞のふざけた(真面目な?)曲が今回のアルバムに入ってます。
体現するような猫。かわいいが、ちょっと腹が立つ。

I read the news today oh boy

7月21日、青山の月ミル君想フというライブハウスで行われる、
Rock In The Pan vol.4という僕らのイベント、ここで、
ビードローズは新しいアルバムを発表します。

アルバムタイトルは

「Life is good」

10の物語が詰まった、素敵なアルバムになっています。

ニュースをみて、いろんなことに失望したり、なにもかも嫌になることもあるけれども、ハピネスはきっと、僕らの隣にころがっています。

「Life is good」は、単純で馬鹿みたいな言葉だけれども、
様々なことが起こりうる人生の中で、なんだか素直にそこに立っている、
そんな言葉のような気がします。


現在、アートディレクターのMちゃんに、急ピッチでジャケットその他をつくってもらっています。
ぜひ、721、会場で手に入れてください。


w3044.jpg

雨男通信 vol.2

快晴。の日は、スタジオの中でレコーディング。6月1日は榊英雄監督作品「ぼくのおばあちゃん」の主題歌が榊いずみの「Wonderful Life」に決定したということで、本番レコーディングを。西荻のtuppence studioにて。

タペンススタジオは高ーい天井がとても良くて、ドラムの音がほんとに良い。
前回来たときよりさらに改装が施されていて、その高い天井のてっぺんにC451が2本取り付けてあったりした。このマイク、エンジニアのNさん曰く、「適当に取り付けた」のだそうだが、聴いてみると、おおー、という音がする。
ここんちのスタジオは試行錯誤が重ねられてて、人の手が作り出す空間の音がするから好きだ。

今回はアレンジも自分でやらせてもらえたので、緊張しつつも楽しいレコーディングになった。
久しぶりに集合した、いずみバンド、隅さん末さんリズム隊はさらに強力になってた。
リズムが気持ちよいと音楽は気持ちよい。音作りって楽しいなーと思わせてくれるバンドである。

夕方から、うっしーこと牛山玲名率いるカルテットが来てくれて、生ストリングスを。
弦アレンジ初心者の俺をやさしくサポートしてくれてありがとう。
やっぱ生の音って、艶があって、心に響く。

いずみさんは愛娘のマリアさんと、スタジオの空気を盛り上げまくってました。
なんだかなー、色んな世代の人間が集まってほんと楽しい空間だったな。
新しい命がそこにあるだけで、人間は元気になれるものなのですね。

そんなことを感じられる曲です。秋に公開の映画のエンドロール、最後まで観てください。


それからひとつ宣伝を…

すばらしいシンガーである染谷俊のもうひとつの顔、ピアニストとしての作品、
「saryo's collection vol.6 Shun Someya Plays」が無事に完成しました。
神楽坂にsaryoという、おそろしく居心地の良いカフェがあるのですが、そことの
コラボレーションシリーズですね。
今回は染谷さんがピアノコンチェルトも披露してます。そういえば、いずみさんのレコーディングでチェロを弾いてくれた田草川くんも参加してくれてますね。

で、saryoのお店にいくと、まだ発売前のこの作品がもう流れているらしいですよ、にいさん。ぜひぜひ行ってみてください。ひとりで行っても、ふたりで行っても、さんにん以上で行っても良いカフェです。
CD自体は6月21日、店頭での発売が最初だそうです。要チェックですね。


そして今日はまた雨。
自分のバンドは721のライブに向けて特訓が始まってます。
721の夜はぜひ空けといてね。雨かもしれないけど。


w3041.jpg

Drum末藤健二 ヴィンテージのLudwig。バスドラはボンゾ並み!?に交換してみた。


w3040.jpg

Bass隅倉弘至 今回は箱ベースで。ハマった!良い音~。


w3042.jpg

カルテットのみなさん。生音は感動します。いずみさん、まりあさんを情操教育中。


w3043.jpg

一応、俺も。仕事してます。all pics by MGsan