亙瓦版

loading ...

今期2回目の神宮球場/停電/Brian Blade

えー、暇な訳ではないのですが、最近まとまった時間が取れるので、西へ東へ(東京近辺だけだけど)いろんな所に出かけている。
まずは神宮球場。今期2回目である。この間行ったときは急用で球場を出るまで俺のいた時間だけきっちりと雨が降ったので、今回も心配していたのだが、どうやら大丈夫な様子。
外野の入り口をくぐって緑の人工芝が見える。この瞬間がとても好きである。あぁ、ボールパークに来たんだと思う。広い夜空。この感じはドーム球場じゃ味わえない。(この間の試合のときは屋根があるのが心底羨ましかったけど)
でも、席についてすぐに両チームの選手とも全員ベンチに帰って行ってしまった。
何だろうと思っていると、神宮周辺の地域がどうやら停電になったらしく、試合を中断するとのこと。やれやれ。その後20分くらいにわたり、スワローズのマスコット"つば九郎"とドラゴンズのマスコット"ドアラ"が外野で壮絶な戦いを繰り広げて、場内の笑いを取っていた。

再開された試合は見事にスワローズペースで、ポンポンとヒットが繋がる今まで見たことのないすばらしい展開であった。9回に木田がホームランを2本浴びてハラハラしたが、なんとか勝利。木田は守護神として使うには、年齢的に幾分体力が落ちているのかもしれない。好きな投手だけど。
アメリカかどこかの研究者が、応援するプロスポーツのチームの勝率と、応援する人の寿命を計算した所、より強いチームを応援している人の方が寿命が長いという結果が出たということをずいぶん昔、本で読んだことがある。確かに、負けたときと勝ったときの帰り道の足の重さは全然違う。強いチームが人気があるのは当然なのである。ヤクルトも常勝軍団になってほしいものである。

さて、翌日は丸の内のコットン・クラブにBrian Bladeのライブを観に行く。
いつも働いているスタジオからは自転車で15分くらい。日々、人ごみや汚い空気にストレスを受けているわけだけれど、こうやって思い立った時にすぐに世界最高レベルの演奏を聴きに行けるのは、間違いなく東京の良い所である。
今まで見たどんなドラマーよりも強烈であった。説明しにくいのだが、ただその音色を聴いているだけで陶酔する、そして感情の波が沸点に達したり、早朝の湖水の水面のように穏やかになったり、まぁとにかく素晴らしい景色を映し出せる演奏だった。バンドのメンバーも良かった。ドラムばっかり観てたけど。
僕が見たのはファーストステージだったのだけれど、セカンドステージはもっと盛り上がったのかな。って、ブルーノート系のライブハウスに行くといつも思ってしまう。

ところで最近はたくさん曲を書いています。遊んでばっかりいる訳では決してありません。ここのところ写真を載せていなかったので何枚か。
夏が終わって行きます。


少し暗かったけど場内は大丈夫だった。緊急用の自家発電かな。



マスコット同士の対決。



今年の夏の一コマ。久しぶりにメンバー全員で飲んだ。


アイ・ラブ・ユーか。。

Comments ( 4 )

I found just what I was needed, and it was etneraitning!

wBC8xk gnsazwquooht

You're a real deep tihkenr. Thanks for sharing.

Your goal is to breed all the different dragons available

コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。