亙瓦版

loading ...

once in a blue moon

昨日、自宅の窓から空を見上げたら、満月が輝いていた。
刻々と色を変えていく。けれど、青い月は見られなかった。
スグルは嘘つきだ!と思ったのだけれど、ひと月に2回満月がある2回目の満月を
"ブルームーン"と呼ぶのだそうで、間違いではないらしい。
満月になった瞬間や、大気中の塵の関係でごくまれに青く見える事もあるみたいだ。

『冬を走る』という曲の最初の歌詞は、
"街灯が月にみえたら 都会を離れ この道が海に変わるまで走る"
という一節からはじまる。

この曲を書いたのはずいぶん前だ。(22か23の頃だから、9年くらい前か...
月日は矢よりも速く流れる)
あの頃、自分が何を思っていたのか詳しく思い出す事はできないけれど、
今でも同じような気分になる事は多々ある。
例えると、漠然とした閉塞感のなかで酸欠気味になるような...

『冬を走る』の中で主人公は、車に乗って海が見える街まで飛ばしていったように
思えるけれども、実際の僕は自転車を走らせていた。ふと見上げると月があって、
でもそれは実はただの街灯だったのだ。月はその向こうにあった。

目の前のことしか見る事ができなくなっている時は、遠くのものをしばらくゆっくりと
眺めてみるのが良いかもしれない。月を見るのは都会の中に住んでいる人間にとっては
いちばん手っ取り早い方法かもしれない。


w3260.jpg
数年前に沖縄で見た月。青い夜。

ありがとう、高円寺。

久しぶりに何もない休日。
BeckのSEACHANGEというアルバムを聴きながらこれを書いています。
忙しかった日々の後、穏やかな土曜日の午後にぴったりだ。


満月の前夜、高円寺にてライブ。生き返った。行きている実感があった。
遅い時間にもかかわらず、来てくれた皆さん本当にありがとう。
感謝してもしきれないくらい、いつもありがとう。
楽しんでくれたかな、楽しんでもらえてたら良いのだけれど。

誘ってくれたCLUB LINERのS太くん、ありがとね。
良い夜でした。

開演前、メンバーと高円寺の商店街をぶらぶらとした。
小さなお店がたくさんあって、美味しくて安い珈琲を飲めるカフェもたくさんあって、
やっぱり住みやすそうだなぁと思った。そしてバンドマン多し。
Mr.Mushipanという、蒸しパンのお店でコジマが全員に蒸しパンをおごってくれた。

ライブは本当にあっという間だった。終わるとすぐに次のライブが恋しくなる。
今年一年の大きな目標と、手の届く目の前の目標をメンバーと話しながら、
こうして音楽を仲間とやれる事に感謝した。

さて、次のライブも決まりました。
3月2日(火)吉祥寺Star pine's cafeです。3マンになりそうな感じ。
詳細が出たらHPとここで発表します。

あと、ビードローズのメールマガジンを始めようかなぁと思っています。
なにか面白い書き物とかも入れたりして。
そのうち、アナウンスします。メルアド教えてもいいよという方はぜひ
受け取ってください。

2010 1.29 高円寺CLUB LINER setlist

1.ひとつだけ
2.ノーザンライツ
3.冬を走る
4.ロードソング
5.あいのうた
6.路の上

昨日スグルが言ってたように、今日は青い満月が見られるかな。
空を見上げてみよう。青くなかったらスグルは嘘つきだ(笑)
見れた人は教えてね。
今年は月が地球にとても近いみたいだよ。

w3259.jpg

高円寺へ。

今夜も月が綺麗です。さっき、深夜の"こそ練"を終えて帰宅したワタルです。
明日はいよいよライブ。(日付は変わっちゃったけど)
自分が歌う番だ。どんな一日になるのだろう。

最近、瓦版の更新もなかなかままならなかった。
日々、思っている事はたくさんあるのだけれど、
それを表に出せずに毎日が終わっていく。

今、自分が立っている位置や、友人との距離や、仕事の充実度や、
いろんな物差しの中で天秤に揺られ、忙しさに飲み込まれて、
ただ、じたばたとしていたような気がする。

自分を取り戻す事のできること、それは歌を歌うことであり、ギターを弾く事だったのだ。
自分の為に音楽を創って、人に聴いてもらう事だったのだ。

バラバラになったココロの欠片を、ひとつづつ丹念に拾っていくと、
自分に見捨てられた自分の切れ端が、じつはキラキラと輝いていた事がわかる。

ひとつづつとりもどして、心と体を元に戻していく。
繋いでくれるのは音楽だ。

さて、明日はどんな状況でも歌う事を楽しもうと思う。
生きている実感が欲しいのだ。


w3258.jpg
ああ この街の空の上 ゆっくりと飛べるよ きみと二人で永遠 向かい合って
ああ ピンク色輝いたあの雲の向こうに 何があるかな きみの家が見えるかな
from 『観覧車』 Beadroads

金曜日は高円寺にきてね。

なにやら忙しい毎日が続いて、いつのまにかもう1月も終わりそう。。
みなさんお元気でしょうか??

最近は、アカペラグループのHi Handed Fellowsの録音をやったり、
染谷さんのFCイベントでギターを弾く為に名古屋まで行ってきたり、
色々とやってました。

日付が変わってから家に帰ってくる毎日。月がとても綺麗だ。


さてさて、しつこいようですが、今週金曜日はビードローズライブです!
なんとか来てやって!


Beadroads 2010年の始まりは高円寺CLUB LINER!
日時:2010年1月29日(金)
会場:高円寺CLUB LINER
『幸福論Vol.6』
■ 時間、料金:Open18:30/Start19:00 ticket: Adv 2,000/Door 2,300(+1D)
■ 出演:ビードローズ / The 宇宙人ズ / マッド・スキッパー / コージコナー
(ビードローズは、4組中最後の出演、21時前後の予定です。)
チケットのご購入はMAIL FORMから。

待ってるよ。


w3256.jpg
某新幹線から撮った雪景色。今年は冬らしい冬ですね。

トラ。

Beadroads 、新年初めてのリハ。
久しぶりにみんなに会った気がする。(実際にはそんな事ないのだけれど)
一緒に音を出すのが久しぶりだったからかもしれない。
バンドメンバーのその日の体調とか、精神状態は一緒に音を出しているとなんとなくわかる。

今年もここからはじまるなぁ。
ひとしきり練習した後、短い時間だけれどミーティングと言う名の新年会。
まずは今月29日の高円寺でのライブに向けて!

というわけで、詳細が出ました。

Beadroads 2010年の始まりは高円寺CLUB LINER!

日時:2010年1月29日(金)
会場:高円寺CLUB LINER

『幸福論Vol.6』
 Open18:30/Start19:00 ticket: Adv 2,000/Door 2,300(+1D)

■ 出演:ビードローズ / The 宇宙人ズ / マッド・スキッパー / コージコナー
(ビードローズは、4組中最後の出演、21時前後の予定です。)
チケットのご購入はMAIL FORMから。

ぜひぜひ会場に来てね。ロックにやるからね。


w3255.jpg
2杯目にミントビールという緑色の液体を注文したドラマーコジマ。味見させてもらったが、
超××かった。歯磨きしてるみたい。


w3254.jpg
帰り道に出会ったトラ。

2010

あけましておめでとうございます。
って、もう10日が過ぎている。速いのか、遅いのか、僕には良くわからない。
とにかく、がむしゃらに過ごしたここ最近の日々だった。

3日から、染谷俊ニューアルバムの制作を再開。
最後の歌入れを終え、トラックダウンに集中。時々、意識が遠のきながらも、
染谷さんのあまりにもアグレッシブで前向きな力に押されてなんとかやり遂げた。
アルバム2枚分、全20曲。

ピアノトリオ盤と、弾き語り盤。どちらも、染谷さんの個性が存分に出ていて楽しめる内容になっていると思います。
マスタリングを終えたら、色んな思い出がよみがえってきた。

小淵沢での、毎日深夜までのクリエイティブなレコーディング。
明け方まで酒を酌み交わした時間。テラスに出ると満天の星が光っていたっけ。

東京に帰ってからも、たくさんの事を語り合い、たくさんの意思疎通を経て、
音がひとつにまとまっていった。

本当に大変だったけ。けれど、本当に楽しい日々だった。
自分の全身全霊を込めてやれる仕事はなかなかないと思う。だから、幸せだった。

周りにいるスタッフのみなさんの力も本当に大きかった。
どんな辛い時も一緒に走っている仲間がいて...
ひとつの目標に向かって一緒に進んでいく、こんな仕事ができる事に感謝します。ほんとに。

まぁ、制作過程はさておき、素晴らしいアルバムが同時に2枚も完成しました。
2月には発売される模様です。みんなに聴いて欲しいです。
染谷さんの想いが入りきらずにあふれちゃってるアルバムです。


そんなこんなで、朝起きたら体が痺れているような日々だった。
そして9日は流のニューアルバム『音楽の箱』発売記念ワンマンを恵比寿switchにて。
去年のクリスマス以来のこのライブハウス、スタッフのみなさんがとても親切でやりやすい。

流のアルバムは昨年12月に既に発売されていたのだけれど、東京では初めてのお披露目ライブ。
それぞれの胸の中に、彼女のまっすぐな音楽が届いているといいなと思います。
ベース高さん、ドラムいつものコジマちゃん。気持ちの通じる、良いリズム隊です。楽しかったなぁ。

終演後の流の、ちょっとほっとした顔が印象的だった。
これからもゆっくりと、すこしずつ、流の音楽の箱が旅をしていくと良いなと思う。

翌日は久しぶりの休み。
名波浩引退試合を観に、大学時代の友人たちと静岡のエコパスタジアムへ。
超豪華な選手たちの試合を楽しんだ。何よりも、友達と小旅行できたのが嬉しかった。

そんな日々でした。今年もよろしくです!


w3250.jpg
スタジオからの眺め。

w3251.jpg
マスタリングを経て、完成。


w3252.jpg
恵比寿switch、本番前。


w3253.jpg
静岡、エコパの空は飛行機が横切る。