亙瓦版

loading ...

東京に戻ってきました。

というわけで、ようやくというか、なんというか、東京に戻ってきました。
小淵沢の空気はものすごく良かったので、しばらく山の見えない生活に戸惑ったけれど、
昨日ようやく正常に復帰しました。なんだか2、3日すごくボーッとしてた気がする。

まずは、この夏取り組んでいた、染谷俊セルフカバーアルバムTHE ROOTS「在処」について。
オフィシャルサイトの方でも、特設ページが出来たみたいですね。
EPIC時代の名曲にもういちど命を吹き込んだ、懐かしくも新しい作品です。
とにかく曲が良いので、とても楽しく制作できたなぁと今では思います。

俺はRECとかMIXとかギターを弾いたりしてます。友人のミュージシャンにも助けてもらったり、
先輩ミュージシャンの素晴らしい演奏を聴いたり。
とにかく濃密で、素晴らしい時間だった。一枚でもたくさんの人に聴かれる事を願います。

小淵沢での榊いずみレコーディングも、結果的に良い曲、良いテイクをたくさん残す事が出来た。
どんな形でアルバムとして完成されるんだろう。楽しみです。来年発売になるのかな。


さて、最近の東京での僕は...

時間がぽっかりと空くと、とりあえず何をしたら良いのかが分からなくなる。
合間合間にこまごまと仕事はしているのだけれど、あまりにも一日が過ぎて行くのが早くて、
体が追いつけない。

本屋に行った。本を5冊買って来た。
よしもとばななさんの本は、色んなところに哲学が優しい言葉で散りばめられている。
それは、現代を生き抜いて行く為の、未来を見据えた哲学だ。
蕎麦屋でビールを飲みながら本を読んでいたら、酔っているのも手伝って、なるほどなるほどと、
うんうんうなずいてしまった。そして泣きそうになった。

残りの本の中にはお買い物の話とかもあったので、
ここ最近ずっと買いに行けていなかったジーンズを買いに行った。
ちょうど入荷したばかりの、ヨーロッパスタイルの変わった形のものがあったので、
(色もすごく綺麗だった)それを買った。

後日、他の店で、店員さんにそのジーンズを誉められた。

たまっていた事務作業も色々とこなした。メールを送ったり、FAXを送ったり、
クリーニング屋に行ったり、DVDを借りて来て映画を観たりした。
毎日かならずみそ汁をつくるようにした。

どれもこれも夏の間には時間がなくて出来ない事だった。

合間合間に、例えば歩いているときなんかに、なかなか会えていない友人達の事を思った。
時々は僕の事を思い出してくれているだろうかと、思ったりした。
ちょうど、大学時代の後輩というか、友人が舞台をやるというので、久しぶりに池袋まで行って来た。

みんなそれぞれの場所で頑張ってて、輝いていた。
想うだけで、勇気をくれる友達がいるのはしあわせな事だと、そう思った。
生きててくれれば、それだけでいいよ。

音楽の世界で色んな肩書きを持つ僕は、これからどこに向かって進むべきだろうかと、
真剣に腕組みして考えてもみた。
結局、導き出される答えはいつもと同じで、誰かに必要とされる人間になりたいという事だった。
そして、人の話をきちんと聞こうと思った。そしてまた、人の話を真面目に聞きすぎないようにしようと思った。あー、なんか色々と書いていたら色んな事がまとまって来た。

秋の風が吹いて来た。

こんな日々。明日からはちょっと南の方へ旅に出てきます。
写真も撮ってきます。

25日、横浜で会いましょう。正午に、横浜公園のステージで待ってます。


w3324.jpg
美しい小淵沢から


w3325.jpg
東京へ。

Comments ( 3 )

USTREAM見てましたよ。おもしろかったです。
ワタルくんの写真はいつもいいなぁって思います。なんだかきれいですよね。

Posted by

IjtsUv kvljqvkzvksm

D3JI2s uqndgfmpboya

コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。