亙瓦版

loading ...

コーヒーとプールと散髪とモリさんの歌

朝、いつもの時間に起きてコーヒーを飲む。
歌詞をいくつか同時進行で練って練って、こんがらがってきたところで
泳ぎに出かけた。
ようやく、止まらずに1キロ泳げるようになった。30分をちょっと過ぎるくらい。
水泳の1500の世界記録保持者だったら同じ距離を9分半ぐらいで泳いじゃうらしい。
無理無理。

夕方、原宿でいつものKさんに髪を切ってもらい、その後吉祥寺に移動して、
朋友のイツロモリワンマンライブに行って来た。
大好きなstar pine's cafe。

最初っから最後まで、見事なモリさんワールドで、
ビールを飲みながら、音楽を堪能する、至福な時間だった。
演奏中にはあれやこれや、色んな想いがあふれてきて、
音楽って本当にすごいなと感じた夜。音楽は、色んな色を表現できる。
まだまだ僕らには可能性が残されているし、
自分自身の中の水脈もどうにかして見つけなければならない。

しかし昨日は色んな仲間に久しぶりに会えて嬉しかった。
色んなヒントと想像をありがとう、モリさん。
なんだかんだ言って、ワンマンを計画して実行に移して、
その行動力と求心力はすごいと思うのです。
みんながその場所に救われているのです。

w3352.jpg

days

最近、時間があるとなるべく近所のプールに行って泳ぐようにしている。
今日も午前中、いそいそと出かけて来た。
25mプールを、20往復。まだこれくらいしか出来ない。
それでも少しずつ楽に泳げるようになって来た。
泳ぎは完全に自己流なので、きっと無駄が多いのだろう。
時々、魚のようにスイスイと泳ぐ、元水泳部と思われる人がいると、
その泳ぎを真似しようと思うのだけれどなかなか上手く行かないもんだ。

一昨日の夜はBeadroadsのライブリハーサルだった。
メンバーみんな、日々ギリギリのところで頑張っている。
でも、音を出すとなんだか元気になれる。

新曲を披露しようと思うので、そこに時間を費やした。
はじめて人前で新しい曲をやるのってドキドキする。
でも、その曲がグッっと成長したりする。
レコーディング本番の歌入れ前にライブで歌えるのはきっと良い方向に向くと思う。

12/8、ぜひライブを観に来てください。吉祥寺で会おう。


w3350.jpg
リハ後半で盛り上がりすぎちゃって時間が過ぎちゃって大慌てで片付ける人たちの図。

11月17日、雨。ときどき曇り。

スタジオに籠る日々がまた始まった。
今日は冷たい雨。
あまりグッドニュースも入ってきそうにない空模様だ。
今年、初めてダウンコートを着た。

地味にひとりで黙々とやる作業をコツコツやる。
どうしても時間がかかるものもある。

途中、プリアンプやら機材やらでお世話になっているOさんが来てくれて、
新作のヘッドホンアンプを試聴させてもらったりする。

その後も黙々と。今日は特筆すべきことは特に無い。

途中、後輩のMさんがPeridotsの新譜を持って来てくれた。
合間に聴く。素晴らしい。

夜、スティングさんがスタジオに機材を取りにくる。


そういえば、夕方にはひとつ、仕事上でのグッドニュースがあった。
帰り道は雨も止んでいた。これもグッドニュースのひとつかな。

今日という日は特筆すべきことはない、ありきたりな冴えない一日かもしれないけれど、
これはこれで確実に僕の一日だ。

悪くない。

w3348.jpg
雨だから、晴れてる日の写真を。先日、渋谷BOXXの手前で撮った写真。

三重県への旅、東京に戻る。そして友人の結婚式。

BOXXのライブ翌日、染谷さんと一緒に三重県へ5時間の車移動。
翌日に開かれる、ウィッツ青山学園高校の学校行事で染谷さんのライブが開かれるので、
サポートでギターを弾くのである。

翌日、昼過ぎからの演奏なので、前乗りで三重へ。
なんだかんだで、一年に何回かはここを訪れている。縁があるのかな?
冬を前にして、陽が落ちるのは早いけれど、この季節は素晴らしい夕暮れ。

翌日、伊賀にあるホールで、生徒の皆さんを前にして演奏。
この高校は、全国でも珍しい株式会社として経営している学校で、全寮制、通信制の高校である。
その学校の校歌を、染谷さんが歌っているのである。
5年前、その校歌のレコーディングを一緒にやったことを思い出した。

17,8歳くらいの頃ってどんなことを考えていたっけ?
染谷さんの歌声が何かのきっかけになりますように、と思いながらギターを弾いた。

校長の畑先生はとても熱い方で、溢れる想いを胸に抱えている人だった。

色んな出会いを終えて、東京へ。深夜、自宅に戻る。


翌日は、大学時代からの大切な友人の結婚式。
1曲、歌を頼まれていたので、モンゴル800の『小さな恋の歌』を、バラードにして、歌った。
とても喜んでくれて、ほっとした。

美しい花嫁と、いつもより10倍くらいキリッとした友人の姿に感動。
とてもあったかい気持ちにしてくれる雰囲気の二人。
H君、おめでとう!そしてこれからもよろしく。


w3345.jpg
移動の車のサンルーフから撮った月。この日はずっと月を追いかけて走っていた。


w3346.jpg
ホールにて。バラードは響きが気持ちよいですね。


w3347.jpg
なんだかんだ言ってやはりうるうるとしてしまいますね。友達の結婚。おめでとう。

染谷俊『在処』リリースパーティー@渋谷BOXX

朝、いつもの時間に起きる。
昨日までリハーサルの毎日だったけれど、いよいよ本番の日。
染谷さんのエピック時代の曲のセルフカバー、『在処』のリリースを記念するパーティー。

アルバムの制作に参加したメンバーが集まって、とても楽しくて豪華なライブになった。
染谷さんはしきりに、今日は学祭の夜みたいにやるぞ〜と盛り上がっていた。
それにしても凄まじい歌声。あの歌があるからこそ、演奏する方もヒートアップするのです。

客席の皆さんの笑顔が忘れられない。それにしてもみんな最後まで拳上げたり飛んだりはねたり、すごいなぁ...オレも頑張って体力つけます。

さて、今日は西の方へ行ってきます。報告はまた後日...


w3344.jpg
本番直前。本気度100%です。

伊勢佐木町ブルース?

朝、ギリギリで目を覚まして、横浜・伊勢佐木町に向かう。快晴。

伊勢佐木町の商店街、イセザキ・モールの奥に、Cross Streetという建物があって、
そこでフリーライブをやらせてもらうためである。
商店街のみなさんが、音楽で町を活性化しようとしている場所。

まだ新しいCross Streetは、木がたくさん使われていて、あったかい音がした。
お客さんも僕らを聴きに来てくれた方達を含め、どこからともなく集まってきてくださって、
アットホームで不思議な空間になった。
今日しか出会えない人たちもいる。
僕らは心を込めて演奏した。
あたたかい拍手をくださった、伊勢佐木町のみなさん、ありがとうございました。

終演後、スグルが小さい頃、よく親父さんに連れて行ってもらっていたという中華屋にて、
昼から宴会を始めることにする。ちょうどエンジニアのMGさんも観に来てくれていたので、
小淵沢レコーディングの打ち上げと称して、どんどんお酒を飲んだ。
24時間やっている店で、料金も安く、料理もうまい。

久しぶりにライブ後にメンバーとお酒を飲みながらたくさん話をした。
いろんな未来への展望も出てきた。


今年最後のライブは12月8日、水曜日。ジョンレノンの命日。吉祥寺にて。


w3343.jpg
楽しすぎて、横浜の写真を撮るのを忘れてた...

明日は横浜・伊勢佐木町Cross Streetで1時間弱のフリーライブ!

みなさんおげんきでしょうか。僕はぼちぼちやってます。

先日は朋友ミュージシャンの古瀬智志こと"こせっち"の、(逆か??)レコーディングに
行ってきた。

弾き語りレコーディング。ディレクションを頼まれたのでガッツリとやりました。
コセッチの新しいピアノ&ボーカルの世界を目指して矢継ぎ早に色んなリクエストをしたんだけど、
きちんと信頼してくれて、とても素敵な曲が仕上がった。

最近の彼はきちんと目標を定めて色々と前向きに動いていて、見習わなきゃなーと思った。
何にせよ、ポジティブな精神はきちんと人を巻き込んでいきますね。発売が楽しみ。

この日使ったスタジオは知り合いのプロデューサーIさんに教えてもらったスタジオで、
エンジニアの松下さんも正統派のエンジニアという感じでとても良かった。
何よりも、ヴィンテージ機材が山の様に積んである様は何時間見ていても飽きないくらいである。
NEVEの卓でミックスされた音は、何とも言えない質感。

さて、翌日からは11/10に迫った染谷俊セルフカバーアルバムのリリースパーティーワンマン
(@渋谷BOXX)に向けてのリハーサルがはじまった。

ドラムの佐治ちゃん、ベースのスティングさんとの演奏は本当に楽しくて、
短い時間でも音楽的な向上を目指せるところが素晴らしい。
染谷さんも毎日ニコニコと、とても楽しそうである。

この日は本当に楽しいライブになりそうです。ぜひぜひ足を運んでください。

さて、いよいよ明日はビードローズのライブ。横浜・伊勢佐木町のCross Streetという場所で、
1時間弱のフリーライブです。12時50分から。
終わった後中華街にも行ける時間だね!

待ってます!


w3341.jpg
ぜんぶやり遂げて放心中のコセッチ。おつかれさま。


w3342.jpg
良く晴れた東京。飛行機雲に見えるのは蛍光灯の映り込み。明日も晴れるみたい。いよいよ晴れ男か!?