亙瓦版

loading ...

土曜日の俺。

またまた午前中に渋谷のタワレコへ。
今回は、欲しかったデレクトラックスバンドの旧譜を2枚と、
Meshell Ndegeocelloの新譜『Weather』を購入。
(Joe HenryがProduceで、Ryan Freelandがエンジニアリングだから、
そのつながりで...)
もうひとつ、ちょっと気になったものも1枚。
Meshellさんの新譜、予想どおり素晴らしかったです。

でもって、ひとつ仕事を終わらせた後、夕方からコーヒーを飲みながら、
平凡社刊 『日本人の自伝』19巻の続きを読む。
今は水彩画家の三宅克己の自伝を読んでいる。もちろん、僕はこの人の
ことを知らなかったのだけれど、文章を読んでいるうちに興味がわいてきて、
ネットで調べたら、とても素敵な絵であった。こころ惹かれた。
徳島県出身だからか、徳島県立近代美術館にはたくさん所蔵してあるみたいなので、
いつか観に行きたいものである。

『日本人の自伝』19巻は、横山大観・三宅克己・山田耕筰と、三人の自伝が
収録されているのだが、横山大観先生のものは、本人が口頭で話したものを
別の人物が文章に置き換えているので、やはり、少しリアリティーに欠けるというか、
真に迫って来ない感じが否めない。他の2つは読んでいてかなり面白い。
明治の男たちの、時代を必死でつかみ取ろうとする姿勢には敬服せざるをえない。
ファンキーさでは山田先生が一番だけど、三宅先生も負けず劣らず、
ものすごい青春を過ごしている。読み応えのある本って良いですよね。

なんて色々と考えながら読んでいたらコーヒーをこぼしてしまった。。。
先生方、すみません。

そんなこんなで、そろそろBeadroadsの、12月12日にむけての本格的なリハもはじまります。
合間には、新しい曲の断片を創ったりしてます。自然に、メロウでちょっと暗い方向に
楽曲が向いていますが、これも自然の流れなのかな。


w3540.jpg
タワレコ裏。土曜日も、午前中は空いてて良い感じ。

人生とは...

先日、大阪から帰る時にちょっと時間があったので、新大阪駅の書店で、
よしもとばなな著『人生って?』を手に入れて読んでみた。
いくつかのよくあるスタンダードな質問に対して、ばななさんが、嘘がなくてまっすぐな答えを、
真摯に書いている本で、なかなか面白かった。
ベースのスグルが日頃から、
『人生とは.........』と、ぶつぶつつぶやいているのとは、根本的に違うというか、
なんというか...(何のなぐさめにもならないところが彼の人徳でもある)

朝、RadikoでInter Fmを聴いていると思っていたら間違ってニッポン放送が流れてて、
ラジオ人生相談というのが始まった。
実際に相談者が電話で出演するのだが、訴訟になったらこうなりまっせ、
あんた確実に不利でっせ、などと関西弁で現実的な答えを出す弁護士の先生と、
それをうまーくまとめようとする進行役の穏便&したたかなおじさんとのやりとりが
なかなか聞きごたえがあった。
で、結局はなんとなく腑に落ちない感じで、ふわっと解決したような感じで終わるところが、
いかにも日本人らしいというか...。これも世の中をうまくやっていくひとつの方法なのでしょうか、
若輩者のわたくしには分かりません。。世間の闇は深いのであります。

ここ1ヶ月間のすごぉく忙しかった時期も何とか切り抜けて、
朝一番に洗濯物なんか干していると、とても気持ち良いですね。

とりあえず、こまごまと仕事をしながら、
(事務仕事は、寝室の埃のようにいつのまにか溜まって行く...)
12月12日のBeadroadsライブに向けて頑張ることにします。
みんな遊びにきてね。


Beadroads 2011年最後のライブは、12月12日(月)渋谷7th Floorにて!

『seasons in the son』

OPEN/18:30 START/19:00
前売\2300当日\2800(共にD代別\500)


出演:Beadroads / 指田郁也 / 伊藤祥平


日時:2011年12月12日(月)
会場:渋谷7th Floor
150-0044 渋谷区円山町2-3 O-WESTビル7F お問い合せ 03-3462-4466


●開場18:30 開演19:00
●チケット前売2500円 / 当日3000円 / ドリンク代別途500円


チケットのご予約は...


7th Floor 店頭電話予約が可能です。
7thFLOOR 03-3462-4466
http://7th-floor.net/
時間:15:00〜20:00 12/11(日)まで


BeadroadsのMAIL FORMからも、
ご予約できます。
公演日、お名前、枚数、メールアドレスを明記してください。

w3539.jpg
何とも言えない色の東京の夕暮れ。一日が終わって行きます。

虹をみたかい?

下北の後遺症がままならないままに、翌日は染谷さんと創っている映画サントラの
ミックス最終日。監督と一緒に細かいところまで詰めて、終了。
良いものできました。Beadroadsのドラマーコジマも生ドラム叩いてるんで、
またアナウンスできる日が来たらアナウンスします。

翌日は、完成したサントラをファイルに落とす日。
日曜日なので、朝9時から放送されている『のHOME MADE RADIO』を聞きながら準備をする。
これは北海道のFM JAGAで放送されているのだけれど、インターネットのサイマルラジオ
聞くことが出来る。便利な時代である。日曜日の朝9時の十勝平野は...気持ち良いんだろうな。
でも寒いんだろうな。。
流の声はラジオ向きで、とても聞きやすくてオススメです。時間に余裕のある方は
そのあと10時からTBSラジオで『安住紳一郎の日曜天国』をお聞きになると完璧な日曜のAMが過ごせるでしょう。たぶん。ちなみに安住さんは流と同じ高校で、2つ上の先輩だそうです。

流のラジオでは、12月7日発売のニューアルバム『ごほうびのようなもの』の収録曲が
放送されてます。ぜひぜひ聞いてみてください。
(『ごほうびのようなもの』は現在、先行予約受付中です。こちらから。先行予約特典で、ラジオ番組的なおまけCDRがもらえます。
わたくしがけっこうしゃべってます。ぜひ。)

ニューアルバムでは、わたくしのアレンジ&ギターと、
ここでもドラマーコジマのドラムが聴けます。ベースは高さんで、ピアノのあつこも
1曲参加してます。ベースのスグルはちょっと時間の都合で無理だったけど。
そういえば話はそれるけど、最近、Beadroadsのリハのあとに、その日のスグルのひとりごとを
俺がTwitterでツイートしてるんだけど、こないだの、『数日前から無性に手裏剣が欲しいんだよなぁ...』
というツイートにはたくさんの反響がありました。

榊家のまーちゃん(4歳女児)も、時を同じくして手裏剣を欲しがってたそうです。
スグル(30代後半・男児)の精神的年齢の低さが問題になりそうですね。
そして秋葉原で手裏剣を手に入れたというSさんの情報も入っております。
Twitterって怖いですね。色んなところに影響が波及しております。


閑話休題...
サントラのバウンス作業は、ステムミックスが細かく指定されているので、
何度もバウンスします。3分待って、作業。また3分待ちで...の繰り返し。
微妙に雑誌も読めません。

途中、染谷さんが追加の音源を制作しにスタジオへやってきて、ユンケルをくれました。
明日の大阪ライブ、がんばろうぜっつーことで。毎日毎日、同じ音楽とはいえ、
全く違う作業を並列してやっていくのは骨が折れます。無事にファイルを納品し、
夜は自宅で明日の染谷大阪ライブの準備。

21日、昼前の新幹線で大阪へ。新幹線は好きである。窓側だったので、富士山を期待していたんだけど、モヤモヤと雲が覆ってました。
でも、岐阜あたりで180度の虹が!

さて、本日の会場は十三ファンダンゴ。
歴史のあるライブハウスには何かが棲んでいる感じがするものです。
(昔のバナナホールとかもそうだったなぁ。)

この日の染谷俊ライブは本当に本当に盛り上がって、お客さんとの一体感が200%でした。
大阪、いつもすごいっす。

打ち上げの席で、染谷先輩はとても上機嫌で元気に酒の肴をつまみつつ、
山口の地酒、『獺祭』を飲んでおられました。
ボーカリストが満足できるのが一番だと、スティングさんと佐治ちゃんと、
笑顔を交わしました。素晴らしい夜。

翌日は少し早めの新幹線で東京に戻り、榊英雄監督作品『トマトのしずく』の
ダビング。産休のいずみさんの代打フル出場です。
久しぶりに見返して、少し音楽を足してみたり。
大きいスクリーンで見ると、色んなものが見えてくるし、説得力が違います。
やはり映画は大きいスクリーンで見るものだと、監督と話しました。
この映画、美しい余韻が残る映像が多いです。
それを邪魔しない、いずみさんの音楽も素敵です。
2日間で完成。

さて、2011年最後のビードローズライブですが、
12月12日(月)、渋谷7th Floorに決まりました。
そろそろ本気で準備にかかります。チケット予約プリーズです。
LIVE INFO

w3537.jpg
見えにくいけど見えるかな?虹。久しぶりに見た。


w3538.jpg
ファンキーなライブハウス、ファンダンゴ。

下北にて。

下北沢GARAGEにて、染谷俊ライブ。
予想どおりギュウギュウな会場、熱気がすごかった。気持ちよくギターが弾けた。
染谷さんの歌、魂を振り絞ってましたねー、熱い夜。
バンドの演奏もヒートアップしました。

今朝は、つらいかなぁなんて思ってたんだけど、意外に頭も体もスッキリ。
なんでしょう、解毒効果??明日の朝、筋肉痛が来たらやばいですけど。

次は21日の大阪です。


w3536.jpg
リハの様子。みなさん気合いが入ってます。

本、あれこれ。

先日、神保町の古本祭りの日に手に入れた平凡社の
『日本人の自伝』19巻、山田耕筰の部分を読み終えた。
最初の部分を立ち読みしたら面白そうで、値段を見たら300円(!)だったので
即購入したのだ。
こういう買い物が出来るから古書街は面白い。

山田耕筰さんについてはもちろんあまり詳しくは知らなかったのだけれど、
(そういえば母校の校歌は耕筰さんが創ってたっけ)
明治の人の豪快な人生は本当に面白かった。文章もうまい。
芸術家であるけれども、かなりパンク精神を持った方である。

最近は、朝テレビを見るのをやめて、(ずるずると時間を取られるため)
Inter Fmでピーター・バラカンのバラカンモーニングを愛聴している。
(ドラムの佐治ちゃんもけっこう聴いているみたいだ)
朝から滋養のある音楽が聴ける。
この番組から芋蔓式にずるずると良い音楽を探して行くのも楽しい。
深いですね、音楽の井戸は。

ピーターさんの最新の著作、『ピーター・バラカン音楽日記』も面白い。
CDの売り上げは減り続ける一方だけれども、心を満たしてくれる音楽が
少なくなったかというとそんなことはなく、むしろ多くなっている印象さえあると、
ピーターさんは言っています。勇気づけられる言葉だし、僕もそう思う。


さて、今日は明日の染谷先輩のライブにむけての準備をあれこれしなきゃ。
下北沢GARAGE、ギュウギュウなんだろうな、まむしドリンクでも飲みますか。
(飲んだことないけど)
Tシャツの替えを用意しとこう。


w3535.jpg
ピアノ録ったり。


w3534.jpg
リハーサルやったり。

11月11日も知らぬ間に過ぎ行く。

本日は冷たい雨。
ギターケースを抱える手が震えます、色んな意味で。プルプル。

今月18日に東京、21日に大阪で行われる染谷先輩のライブに参戦することが決まったので、
リハーサル。先輩は今、4つくらいの仕事を同時進行していて、そのうちの3つは一緒に
やっているのでほとんど毎日顔を合わせている。

久しぶりにGretschを弾く。気持ち良し。
しっかし今日も体力使ったなぁ。頭もフル回転ズ。盛り上がり必至。


寒くなってきたね。タオルを首に巻いて寝ると良いらしいよ。守れ首筋。


w3533.jpg
夜の環七、外国のコンテナ。何が入ってるんだろう?

秋もふかまり。

この間、流のマスタリングの前に久しぶりに渋谷のタワレコに行って、CDを4枚ほど買った。
平日の午前中の渋谷の街は好きである。
たまたま、色々と新譜を見つけられて楽しかった。
Amazonも楽だけど、商品を見て買うという行為はネットショッピングよりも
充実度が高い。ストレス解消にもなる。

最近は暗〜い音楽に心惹かれております。
何と言ってもJoe Henryの新譜は良かった。じくじくとしたモノクロ的な暗さが
たまりません。スコーンと抜けてる明るいものより、こういうのが今の気分に合うみたいだ。
エンジニアさんもフェイバリットなRyan Freelandさんであった。
こういう音のアルバムを作ってみたい。ひどく個人的で内省的な...。
でも迷路がどこかの光につながるような。

たまたま見かけた棚に映画「Once」に出てたMarketa Irglovaさんの新譜(!)が
あったので、迷わず購入。どうやら活動拠点をNYに移して本格的に活動再開らしい。
相変わらずマイナーなキーの曲が多くて悲しくなりますが、
悲しくなる曲というものも良いものです。必要です。
1曲目が美しくて毎朝聴いてます。

あとはBeach BoysのSmile Sessionの新しく出たやつと、もう持ってたけど
今日のリファレンスにしようとしててスタジオに忘れてきたTedesuki Trucks bandを買う。
誰かにあげればいいやと思って。案の定、マスタリングエンジニアの塩田さんが
えらく気に入ってたのでプレゼントした。

ここのところ、僕としては "すごく忙しい" 部類に入る仕事の量が待ってるので、
そこはそれなりに気分転換が必要になるのだけれど、こういう時に洋楽の暗い曲は良いですね。

秋も深まってきた。冬がはじまるよ。


w3532.jpg
秋。空と月が綺麗です。


おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。2011、秋。

ご無沙汰っていっても足りないほど、お久しぶりです。みなさんお元気でしょうか??
『魔女の宅急便』と『北の国から』を合わせたようなタイトルにしてみました。
そんな気分なんです。特に意味はないです。

前回、ビードローズの渋谷の7th Floorでのライブからずいぶんと時間が経ってしまいましたが、
なかなか更新できずごめんなさい。っていうか、別に謝る必要もないのだけれど、
もしかして楽しみにしてくれている方がいらっしゃったらごめんなさい。僕は元気です。
ライブに来てくれたみんな、本当にありがとう。チカラをもらいました。


さて、この1ヶ月ほど、毎日色んなことがありすぎて、とてもとてもblogを書こうという気も起きなかった。
毎日色んな場所や思考を駆けずり回っていた記憶だけがあるような気がする。
濁流の中を頼りない板っ切れにしがみついているというか...

2011年という年は日本という国にとっても、もちろんそこで暮らす自分自身にとっても、
タフな一年であることは間違いない。ここのところ、ずいぶん家族や友人に助けられたなぁ。
人と人は支え合って生きているものですね。ほんとに。

なんといっても今日のトップグッドニュースはいずみさんの第2子誕生でしょうか(めでたい!)
新しくこの時代に生まれてきた命、なんだか胸が熱くなります。
そして、きちんと自分を大切にすることの大切さも、いずみさんに教わりました。
はやく赤ん坊に会いに行きたいなぁ。

出産予定日の前日に、ちょっと榊家を訪問させてもらって、なぜかいずみさんのライブビデオ作品
『灰とダイアモンド』のVHSを観させてもらってましたが、相当にカッチョよいです。しびれます。俺も欲しい。
SONYのオーダーメイドファクトリーというところで、DVD化の投票が行われているようです。
清き一票を。今、この時代だからこそ響く歌が入ってます。

オーダーメイドファクトリー


でもって、毎日スタジオスタジオスタジオスタジオスタジオ...
染谷さんとアルバム制作したり、映画音楽を創ったり、ピアノレコーディングしたり。
毎日濃いですね。クタクタになるけど楽しいです。

さて、今日は7月から続いていた、(ながれ)のマスタリング。
とうとう新しいアルバムの完成である。MIXもなかなか上手く行って、
仲間達の血と汗と涙の結晶が、ひとつの作品に仕上がった。
タイトルは、『ごほうびのようなもの』。12月7日に発売です。

今回、彼女のボーカルが相当良いです。なんだろうな、
何かをひとつ越えた人の出す声でした。凛としている。

マスタリングは、銀座の東京録音にて、塩田さんに、匠の技で仕上げてもらった。感無量です。
夜はレコーディングに関わった仲間達も順番に集まってきて、小淵沢の思い出も語ったりして、
良い夜になった。

それにしても家族や仲間より大切なものってこの世にあるのだろうか。
音楽が繋いでくれたもの。計り知れない。そんなことを想う夜。


大切なお知らせ。Beadroadsライブも決まりました。おそらく年内最後です。
12月12日(月)、場所は同じく渋谷7th Floorです。会いに来てください。
詳細は決まったら連絡します。

とりあえず今日はこの辺で。


w3526.jpg
7th Floorでのリハ風景。


w3531.jpg
染谷先輩の熱いレコーディング。佐治ちゃんのキック。Premire、かっこいい、色も音も最高。


w3528.jpg
とあるパーキングエリアで見つけた全国のゆるキャラたち。瀬戸内代表はわたるくんです。
それにしても一体何がモデルなんだろう。消しゴム?


w3530.jpg
銀座にて。作品が完成する瞬間は何度味わっても良いものです。聴いてくれる方々の胸に届きますように。


w3529.jpg
秋が深まって行きます。