亙瓦版

loading ...

弾き語りの夜、吉祥寺にて。


吉祥寺にて、弾き語りでライブに出演。
雨が降ると思ってたら、なんだか良い天気になってきた。

ギター1本でも色んなことが出来るなぁと、最近は感じている。
自由度も半端無く高い。ここ何ヶ月か、ライブハウスにいる時間が
とても長かったので、そこで感じてきたことを生かして歌いたかった。

弾き語りなのに、とんでもなく重い荷物を持って出発。
ひとりで移動するのって、楽器だけじゃだめだから、意外と大変なのね...
物販のCDや衣裳や歯ブラシや整髪料やエトセトラ。
自分の場合、エフェクターボードもなかなかの量がある。

ROCK JOINT GBに到着。やっぱ、ロックなハコだ。
久しぶりに照明がちゃんとしてるのが嬉しかった。

急な告知にもかかわらず駆けつけてくれたみんなに心からの感謝。
気持ちをこめて、歌う。

ところで最近、曲を創っていて、詩を色々と研究してた。
その中になんだか心に引っかかるものがあったから、
ライブ中に朗読(というほどのものではないが)してみた。
引用してみます。


『助言』  ラングストン・ヒューズ  木島始訳


みんな、云っとくがな、

生まれるってな、つらいし

死ぬってな、みすぼらしいよ -----------

んだから、摑まえろよ

ちっとばかし 愛するってのを

その間にな。





本当に良い夜だった。これからやりたいことも見えてきました。
ありがとう。こんど弾き語りでワンマンでもやりたいな。
バンドもよろしく。7/21、7th floorでビードさん企画です。


w3704.jpg

今日はカメラを忘れたので、青森で撮った写真を。。ひとりって、このカラスと同じ気分かもな。孤独だけど、空には自由がある。

ビードさん三昧。渋谷、解放感を音に。

青森から南下して、東京まで帰ってきました。
宇宙から帰還した!それほどのものじゃないけど、似たような感慨はある。

体を休める暇も無く、ビードローズ三昧の日々でした。
一日目はリハーサル。
そして翌日はUstream「リハどう?」

諸般の事情で(台風の影響で宇宙から着陸できなかったため)スグルなしでの
放送になりましたが、楽しんでいただけましたか?僕らはとっても楽しかった。
とにかく、お便りがたくさんいただけて嬉しい。
ほんとにギリギリに送ってくださった方々のメッセージは読めませんでしたが...
(もうちょい早めに送ってね。リクエストもね。)

録画を見る事が出来ます。http://ustre.am/GpqZ
よかったら。

そして昨夜、渋谷7th Floorでイベントライブに出演させていただきました。
共演者のみなさんの演奏も、興味深く観てました。
なんだか自分は開放されてたと言うか、S先輩のツアーのおかげで、
演奏はキレキレでやることができました。継続は力なり。

そして、今後のビジョンも色々と見えてきてます。
勇気をもらえる言葉もたくさんもらったので、音楽に邁進します。
ライブ、本当に楽しいな、来てくれてありがとう。

次は来週の金曜日6/29に、めずらしく弾き語りをやります。
吉祥寺のROCK JOINT GBというハコです。
19時30分頃からの出演。バンドに挟まれて、一人でアコギでロックします。
応援に来てくれると嬉しいなぁ...


2012年6月29日金曜日
@吉祥寺ROCK JOINT GB 

問:0422-23-3091

[金曜日の時限爆弾] 
SPRRAY /  The Mannish /佐藤ワタル(Beadroads) / 
OA:DOMESTIC BIO=LET

open18:30 / start 19:00 
前売\2000+1drink 当日\2300+1drink
佐藤ワタルの出演時間は19時30分頃の予定です。

チケットのご予約はMAIL FORMから
もしくは、お名前と必要枚数を明記して、ticket at beadroads.comまで送ってください
(at を@に変えて送ってください。)

w3701.jpg

本日の写真もOgtacciさん。Thanks!


w3702.jpg

熱いライブでしたのです。宇宙人も帰還したのです。


w3703.jpg

次も来てね。


終わったんだな、でもそんな感じしないな。

いよいよ、この日がやって来た。約1ヶ月、20箇所(かな?)回って来た、
染谷俊ピアノモンキーツアー最終日、青森ワンマン。

昨日のラジオでも話したんだけど、ピアノとアコギだけの編成でグルーヴを出すのは
とっても難しい。でも、回を重ねるうちに、今、染谷さんが何を考えて、
次にどんなことをしようとしているのか、ピアノの音で判断が出来るようになってきた。
演奏の精度が上がれば、歌が乗りやすくなる。歌詞が伝わる。
1ヶ月やって来たことの集大成がこの日にある。
でも、自分は自分の仕事をするだけだ。


朝、軽く海辺をジョグ。こういう環境が近くにあるって素晴らしいな。

本番。とにかく、客席の笑顔が印象的だった。泣いて、笑って、肩組んで。

そして、終わった。

みんなで一緒に成長できたツアーだった。この一言につきます。
そして、貴重な経験をありがとうございました、染谷さん。
最高の唄うたいです。

気配りを忘れない最高のスタッフにも最高の拍手を。


明るくなってくるまで、路の上で飲んだ。


w3700.jpg

また帰ってくるって、約束しよう。

青い森。

朝、早い時間に目が覚めてしまったので、洗濯をする。

PAのイトウちゃんを誘って、地元の名店"まるたい"で、ラーメンをキメる。
その後、"赤い林檎"で、アップルパイとコーヒー。
もしも青森に住んでいたら、土曜日は必ずこのコースを歩くであろう。うむ。

"赤い林檎"の横の神社にもお詣りする。今日からお祭りらしい。
生ビール祭りのチラシに目がいく。あぁ、今日はたぶん来れないけど...

イトウちゃんは、お賽銭をお賽銭箱の向こうに投げてしまって、
『あぅ$%&#''!』っていう変な声を出していた。
黙っているとイケメンなんだけど、運動神経が無いのである。

一旦ホテルに帰り、ちょっとお仕事を。

夕方、疲れたので、海辺まで散歩。気持ちいいな。

夜は、青森放送(AM)の橋本さんの番組、『土曜ワラッター』に、
染谷さんとともに生出演させてもらえることになったので、
いそいそと向かう。

工場見学&ラジオ好きの自分にとっては夢のような場所である。
橋本さん、トークには毒と愛があり、しかもみんなから上手に話を引き出して、
時間内にきっちりおさめる、まさにプロの技でした。感動。

あっという間に1時間たってしまった。

明日はいよいよ染谷俊ピアノモンキーツアーファイナル。
最後か...


w3697.jpg

お賽銭箱にお賽銭を入れられなかった男、ITO。


w3698.jpg

夕方向上委員会としては、こんな風に散歩に来られる場所が欲しい。


w3699.jpg

やっぱり綺麗だよ。

青森にて。

寝て起きたら、もう八戸だった。3秒しか寝なかったような気がする。

朝7時、青森市内に移動。染谷先輩と自分は、先にホテルに入って、
仮眠を取らせてもらう。
こうしている間も、スタッフはテレビ局に行ったりして働いている。すばらしい。
でも、わたくし、眠らせていただきます。

1時間ほど寝て、シャワーを浴びて、青森放送へ。
ZIP FRIDAY青森版に染谷さんが生出演するので、見学に行く。
僕は工場見学が大好きなので、舞台の裏側とかで働いている人を見ると、
ワクワクするのである。

青森放送の橋本さんに久しぶりに再開。笑顔で迎えてくれた。
染谷さんが一人で弾き語るのを見ているのも楽しかった。
本番、一瞬でスタジオ内の空気を変えてしまうのはさすがです。

その後、FM青森の見学もさせてもらって、
夜は局の方々に、青森のジューシーなお魚たちをたらふくごちそうになる。
魚が好きな自分にとっては天国のような場所である。青森。
りんごジュースも酒も実はお肉もおいしい、青森。

色々と熱い話をした。青森。
りんごジュース、5杯は飲んだな、青森。


w3696.jpg

飛行機雲も、なんだか透き通っている。青森。

札幌、音楽の夜。

朝、大通公園を軽くジョグ。気持ちの良い天気。
いつものベンチで休む。なんか落ち着く。

午後、会場へ。Revolverというハコ。なんとなく雰囲気がおしゃれな、
円山公園のあたりにある。

札幌ライブも、ここでしかないものになった。
いままで、一度として同じ夜は無かった気がする。
(セットリストも本番中に変わるし...)

終演後、フェリーに乗り遅れない為に急いで出発。
また、苫小牧から八戸へ。

みんな大好きセイコーマートで夕食を買い、
船の中で、みんなで食べる。
まもなく消灯時間が来たので、上の階にある自動レストランで
(この名前好きだな)染谷先輩とイトウちゃんと、つまみを広げて飲むことにする。
自動レストランとは、スナックやドリンクの自動販売機と、
テーブルと椅子がある場所のことである。

海の上で酔っぱらうと、船が揺れているのか自分が揺れているのか
分からなくなってくる。
(北海道限定の白いサッポロビールは美味しいですね)
S先輩は用意周到で、氷をセイコーマートで確保してきていた。
オレは缶ビールをその上でぐるぐる回す。
5分もたてば、キンキンに冷えたビールの出来上がり。
一同、そのうまさに陶然とするのであった。

そして就寝。夢も見ずに大きなゆりかごに乗って眠る。


w3694.jpg

ススキノにいる、ch@ppy先輩の彼女、ふみ子さん。今日も元気にミシンを踏んでおられました。


w3695.jpg

黙っていればイケメンのPA イトウ氏。酒を飲んで眠くなるとラクダ先輩と呼ばれます。ちょっと内股なんだよな。


札幌。雨男のち晴れ。

札幌の朝。外に出たら、晴れてたのにみるみる曇って、雨が降って来た。
おそるべし雨男。

大通公園の西の果てのベンチで、Buddy&Julie Millerを聴く。
なんと至福のひととき。疲れも飛んで行きます。

夜、札幌のレコード店といえばここ、音楽処で、染谷先輩とインストア。
あたたかい雰囲気の中で、演奏を楽しむ。
何日か、移動日でギターを弾かないだけで、なんとなく体がムズムズする病。

思い出深い、札幌の夜。


w3690.jpg

テレビ塔。時間が分かりやすい。


w3693.jpg

木漏れ日。近所に気楽に座れるベンチのある大きな公園がほしい。

フェリー9時間。映画2本。

八戸から苫小牧行きのフェリーに乗る。
寅さんとKICK-ASSを観た。

それから、お風呂に入った。

結構揺れたけど、おおむねたのしかった。

苫小牧から札幌へ。深夜、札幌に到着。


w3685.jpg

さよなら八戸、またすぐ戻ってくるぜ。


w3686.jpg

けっこう風が強いのです。この時期の八戸はそうみたいです。


w3687.jpg

船内。愉快な仲間たち。喫煙所の中から何をアピールしているのでしょう?


w3689.jpg

北の大地を目指すのです。

東北にて

東北放送で染谷さんのラジオコメントを録音。

その後、被災地へ。石巻から女川。

初めて自分の目で見る景色。

なかなか言葉にできない。
流されてしまった風景を、作り直している人たちがいた。

色んなことを感じて、八戸へ移動した。


w3675.jpg


w3676.jpg


w3677.jpg


w3678.jpg


w3679.jpg


w3683.jpg

仙台!仲間とともに。

早朝、コジマ号が迎えに来てくれる。
楽器を乗せて、出発。今日は仙台での染谷さんの公演に、
Beadroadsとして参加するのである。

コジマ号で一路、仙台を目指す。車内はあつこを入れて3人。
ベースのスグルは宇宙から直接仙台に来るらしいので、
交代で運転することにする。

コジマ号はマニュアル車なである。オレは10年以上マニュアルを運転していない...
久しぶりにコジマ教官の指導のもと、高速を走る。ふー。

渋滞も無く、5時間半ほどで仙台に到着。

まだ入り時間に余裕があったので、3人で牛タン定食をキメる。
裏通りのお店。すごーく美味しかった。

そしてリハ。タイトなスケジュールの中、スグルもなんとか間に合う。

PAイトウちゃんが、Mondaylaidmooとして、会場を盛り上げている。

そしてビードさんの出番。最初はなんだか緊張してしまったけれど、
仙台のあたたかい雰囲気の中で僕らは演奏を楽しんだ。

Planeのキクチくんのエッジのある弾き語りの後、染谷先輩の登場。
オレもまた登場。
後半は、コジマちゃんとあつこも数曲参加。なんだか、嬉しかった。

最後にセッションの為に染谷さんが書き下ろした新曲、『恵雨』を、
みんなで演奏。ほんとうにありがとう、仙台。
ありがとう、染谷さん。この夜を、感謝します。

軽く打ち上げに参加させてもらった後、ホテルに帰る。
スグルは終演後にすぐ宇宙へ。

コジマちゃんとあつこは、朝の5時に東京へ向けて帰って行った。

僕はまた、染谷さんとの旅がはじまる。


w3673.jpg

いざ、仙台へ!


w3674.jpg

宇宙人とイカ星人です。

上野にて。

染谷先輩、東京凱旋ワンマンライブ。
今日の会場は、上野BRASH。初めてのハコ。
東京の東の方も、色々とアートなスポットが増えて来てます。
雨男、上野を行く。

染谷先輩は、熱が出ている模様。でも、本番になると全く関係なく、
魂を振り絞っていた。満員のお客さんが熱く応えていく。

抜け殻のようになった、ライブ。外はまだ雨。

明日は仙台だから、早く帰って準備。
準備が終わらない!

w3671.jpg

病み上がり近影。

休息、のち、リハーサル。

夕方まで寝ていることにする。体調は回復。
睡眠ってすばらしい。

夜は明日の仙台に向けての染谷先輩とBeadroadsのリハーサル。恵比寿にて。
コジマちゃんもあつこも、きちんと曲を理解してくれていた。
頼もしい。

染谷さんも、手加減無しで歌ってた。
(後で聞いたら発熱してたらしいのだけど)

染谷さんが帰った後、バンドでのリハーサル。
良いもの見せられると良いな。

帰って、準備に追われる。


w3672.jpg

今日はお休みですので。

一日中寝てた。THE 休息。

スッキリのち、また発熱。

朝、とてもスッキリして目覚める。熱も下がった。良かった良かった。
松阪へ移動。

M'AXA、大好きなライブハウス。もはや、自宅に帰って来たような感もある。
中村さんとも再会できた!うれしいうれしい。

楽屋でくつろぐ。ここは、いつだって風が気持ち良いのだ。

本番前、染谷さんが仙台で全員でセッションする曲をつくりだす。
自分もアイデアを出す。


本番。M'AXAは天井も高いし、木の反射の音がやわらかい。
今日はウィッツ青山学園高校の生徒さんと、ピアノでコラボするシーンも。
なんか、純粋な音で良かったなぁ。

終演後、食事を出していただいて、そのまま東京へ。
またすぐに来たいな、M'AXA。

途中休憩のSAで、急に全身に寒気が!

早朝の東京、ふらふらと家に帰り、とにかく横になる。


w3668.jpg

大好きさ、M'AXA!


w3669.jpg

流さんが、有山さんのありやまなMAXAの夜にO.Aで出ます。近所の方は応援に行ってね。


w3670.jpg

本当にいつも、夕暮れが綺麗なんです、楽屋から。

燃え上がる名古屋。燃え上がるオレ。

昨日、乾燥したホテルの部屋で布団をはねのけて寝ていたのが
災いして、ちょっと寒気が。サービスエリアで熱いコーヒーを飲む。

気を紛らわせる為に、ipodに入れておいた『フラガール』を観る。
異動者の中で、マスクしながら密かに号泣していたのは私です。

名古屋、得三に到着。完全に喉が痛い。体がだるい。
リハの後、スギ薬局に直行。

風邪薬のコーナーで突っ立っていると、
薬剤師のおじさんが、一番オススメの薬を教えてくれた。

イブプロフェンの配合料が一番多いんですわ。
ドリンクはこの赤いやつ、高いけどこれが絶対効きますわ。
これ3回飲んだらだいたい治りますわ。

言われるがままに、購入、即投入。

名古屋、お客さんも満員で、燃え上がる夜になった。
オレもそのころ、発熱で燃え上がっていた。

ホテルに帰って、近くのコンビニでバナナとポカリとうどんとプリンを買って、
またクスリを投入して寝る。うつらうつら、死ぬほど汗をかく。
眠れなくなったので、フラガールの続きを観る。
「ストーブ貸してくだちぇー。」
またもや涙腺が決壊する。
体の中から色んなものを出して、明け方、深い眠りについたのであった。

あ、今日は兄貴の誕生日だった。


w3667.jpg

得三です。良いライブハウスです。でもあんまり覚えてないです、スミマセン...

長野へ移動。南へ。

長野へ移動する。

今日のハコは、ライブハウス J
良い感じでリハが終了。モニターはやりやすい。
共演の長嶋さんが声をかけてくれた。
長野の中野市では、流とよく対バンをするみたいだ。

本番前、お腹がすいたので、ひとりで牛丼をキメル。

さて、本番。染谷先輩はギヤを一気にトップに持って行っている。
オーディエンスの皆さんは、静かに熱く燃えている感じ。
説明しづらいけど。

ホテルの2階が居酒屋だったので、終演後、染谷さんと2人でささやかな打ち上げ。
ファンの夫婦の方が偶然隣の席だったりして。
こういう時に気軽に声をかけて、一緒に盛り上がれるS先輩は素敵です。

最後はコンビニの前で飲む。月がものすごく綺麗だった。
風はすこし冷たい。帰りを急ぐ人たちの足音を聞きながら、
お酒を飲む。


w3666.jpg

長野の駅前っす。善光寺と戸隠に行きたくなります。

新潟の音楽の夜。

朝。とりあえずまた海辺を走る。昨日よりもゆっくり走る。
やはり日本海は大きく、青い。

午後、リハーサル。今日の会場はwoodyというハコ。
一度ホテルに帰り、出来たばかりの新曲を染谷さんと打ち合わせ。

本番。お客さんが超近くて、みんなで盛り上がって、
なんだか最高な夜になった。身近に音楽を感じる夜。

共演のみなさんもとっても優しい方達だった。
また来たいな。

PAイトウちゃんの部屋で、みんなでビールを飲んで、寝る。

w3650.jpg
坂を上って行って、海が見える瞬間が好きだ〜


w3652.jpg
日本海。いつみても豪快な海です。きれい。


新潟。移動の一日。

今日は移動日。
熊谷から新潟へ。新潟は自分の第二の故郷であるからして、
なんとなく嬉しい。信濃川を渡った町、古町に滞在する。

到着して、とりあえず体調を整える為に海まで走った。
10分ほどゆっくり走れば、そこはもう海辺である。

とても天気の良い、気持ち良い夕方。
日本海を臨みながらジョグ。気持ち良い。
いろんなモヤモヤが、体から抜けて行く。海は大きい。

ホテルに帰り、古町を染谷先輩とパトロール。
おみくじを引いたら大吉。慎重に事をすすめれば、
なんでも全てうまく行くとある。本当かな。
信じるものは救われる。良い事は信じてみよう。

市場のような所で、魚屋さんから刺身を買って、
(一番安い300円のやつを買おうとしたら、450円の
ものを300円にしてくれた!おねえさん、ありがとう)
コンビニで買って来たビールで乾杯した。至福のひととき。
こりゃあ、近所にあったら毎日来ちゃうな。

最終的には色々と回って、染谷先輩が持って来ていた
『水曜どうでしょう?』の、"リベンジ・ジャングル"を観ながら
日本酒も(〆張鶴!)飲んで、豪快に寝る。

男は冒険が大切だ。


w3649.jpg
大吉!お金持ち!?

ほんとにあついぞ、熊谷。

染谷俊ピアノモンキーツアー2012、短いインターバルで再開。
まずは、あついぞ熊谷!到着してみると、ほんとに暑い...。

共演は加藤卓雄さんと横道坊主の中村義人さん。
弾き語りだけど、まっすぐで熱いロックの日。

染谷先輩も、(いつも通り?)セットリストを
本番中に変えて、まっすぐな想いを伝える選曲にしてました。

自分はと言えば、『情熱パンクス』をやっても腕がもげないかんじに
鍛えられてきました。

今日は今日で、素晴らしい一日。

それにしても雨男はなかなかつらいよ。


w3648.jpg

雨の後、路は輝く。