亙瓦版

loading ...

青ノ時代へ。


海に会いに行きました。
今まさに創っている、新しいアルバムのジャケットの為に。
本番の撮影の前に、場所を決める為に、気になる場所に出かけてみる。
ロケハンと呼ばれるもの。

朝、カメラマンの安彦さんとあつこと俺の3人で、車に乗って出かけた。
安彦さんには、車で行くという事は伝えてあったのだけれど、
どこに行くかを全く話していなかったから、あつこが駅まで迎えに行った時に、
「ところで、今日はどこに行くの?」
なんて聞かれたらしい。
まるでミステリーツアーみたい。札幌出身の安彦さんは
「水曜どうでしょう?」みたいだねなんて笑っている。
どこに連れて行かれようと平気な安彦さんも面すごい。

新しいアルバムは、今までの曲たちを集めてもう一度命を入れて、
新しい曲もひとつそこに入れて、今までの集大成にするつもりだ。

ベストアルバムと言ってしまったら簡単だけど、
よくよく思い返してみればBeadroadsもよく続いているものだと思う。
紆余曲折あり、メンバーも変わり、でも、みんなで音楽をずっとやって来た。
誇れるものはあまりないけれど、続けて来たって言う事に誇りを持っても
良いと思う。

音楽をやっている人たちの中にも色んな人間がいて、色んな考え方がある。
正解はひとつもない。実力の世界でもあるけれど、それだけでもない。
まして、バンドとなると、4人あつまればこれはひとつの小さな社会の縮図、
もしくは社会そのものだ。
社会でもあるし、会社にも似ている。会社にも似ているけれどそれ以上に
家族に似ている。血がつながっていないけれど、お互いに寄りかかってしまう。
それが見事に"人"という字を描く事もあるし、×という字になることもある。よくある。

僕らの大切な曲を、もう一度聴き直して、もう一度旅に出る。
その帆を揚げる為の、大切な作業のような気がしている。


車はアクアラインを超えて千葉県に入り、最初の海へ。
1時間ほど軽く試しの撮影をして、昼食。ここで、最終目的地だった場所を取りやめて、
誰も行った事のない砂丘を目指した。

2時間以上かけて、南へ下る。某所に到着。まるでアイルランドみたいな景色。
ここで撮影をする事に決めた。靴の中は砂だらけ。空は晴れ。


と、ここまでが、ずいぶん前に書いてそのままになってた文章。

そしてこの最近は、また"青ノ時代"に向けて突っ走ってました。

収録する予定の新曲の作詞作曲もなんとか仕上げ、レコーディングはもうすぐ。

そして、先日、無事にジャケットの撮影が終了。
本番の日は快晴。日頃の行いの成果か!?神様に感謝した。

アートディレクター&デザインのムラちゃん、写真家の安彦さん、
そして急遽駆けつけてくれたヘアメイクのみどりさん、アシスタントのユイさん、
いつもそばにいてくれる我らがDのMGさん。

みんなのおかげで、素晴らしい写真が撮れた。ありがとう、ありがとう。


Beadroads NEW BEST ALBUM "青ノ時代"

4月5日全国発売決定!

予約してもらえれば、全国どこのCDショップでも購入できるという事ですね。

そしてそして、

NEW BEST ALBUM "青ノ時代" レコ発ワンマンライブ決定!

4月7日(日)
渋谷7th Floorです。

詳細は後日!

とにかく、夜、予定を空けておいてね。

"青ノ時代"というタイトルにした理由はまた次、語りますから。ね。


w3766.jpg

メイクされる宇宙人。お肌を誉められていい気になってました。


w3767.jpg

なんという夕暮れ。地球はやっぱり美しい。

本気なんです。

その先の光へ。


毎日、東京も寒い日が続いていますが、皆さんお元気ですか??
僕はと言うと、創作の日々です。ビードローズの新曲を作っているのだけれど、
スランプ中のスランプ、出口の見えない迷路にはまり込んだような、
そんな気分です。なんなんだろう、何かをどこかに置いて来てしまったような気分。
でもまあ、なんとか辿り着けるだろうと、楽観的に行く事にします。

さて、2013年。
新年はまず、ライブから始まった。本気キックス!
出演者は、染谷俊 / I + Electric POW WOW / Julian Motel / 西広ショータ、
そして我らがビードさん。

最初は染谷さんとスティングさんとキム兄の楽屋話からはじまったというこの企画、
賑やかで、愛にあふれるものになりました。

なんだかんだで結局は先輩方のお世話になりっぱなし、スタッフのみなさんの
素晴らしいお仕事に任せっきりになってしまいましたが、演奏は頑張った。
オールナイトイベントなんて、ずっとやっていなかったので、久しぶりに20代前半の
頃の自分を思い出したです。
来てくださった皆さんの体力も相当なものですね、ほんと、マジ感服します。

全員がきちんと同じ方向を向いてやれるイベントは、実はなかなか無いので、
終演後はみんな満足感に浸りながら、酷寒の東京の早朝に散って行きました。
でもまた絶対集まりたい。新年恒例のイベントになりそうな予感がしないでもない。


そして最近の日々は、もうすぐ発表できると思うけど、ビードさんの2013年上半期に関するもの。
ガッツリ予定が入ってきています。小さな事から、大きな事まで、とにかくやれることを
やろうとおもう、冬の日々。

風邪引かんようにね!Let's お白湯。


w3765.jpg

Julian Motelの先輩方の楽屋での様子。内緒でアップ!


w3764.jpg

久しぶりにガッツリとグレッチを弾いた。やっぱりかっこいい。チューニングは難しいけれど、最高な音です。来るべきレコーディングで使おう。

2013年はじまりました。

2013年!

あけましておめでとうございます。
あっという間に、2013年がやってきましたね。あり得ないくらいの早さで時間が進んで行く感じがしますが、みなさまはどんなお正月をおすごしでしょうか。

2012年の12月は本当に忙しくて、毎日毎日、めまぐるしく動いていました。
一番難しかったのは体調の管理かな。何よりも大切ですね。一に健康、二に体力。
最後に努力と才能。

ドラムの佐治ちゃんに、体温を上げると免疫力がアップすると言う話を聞いてからと言うもの、
朝は欠かさずお白湯を飲んでおります。
飛行機でどこかに移動していた時だったかな、機内誌でお白湯を毎日飲んでいる人のエッセイが
載ってて、ふむふむとうなずきながら読んだ。お白湯を飲んでいると、えー、なんで紅茶にしたり、
ハーブティーにしたり、コーヒーにしたりしないの、味無いでしょ?なんて良く言われるのだけれど、
白湯に慣れると、他の味がいらなくなってくるのである。不思議である。
もはや老人の域に達している気がしなくもないけれども、冬はせっせと続けようと思います。

さて、12月の話。まずは2日のBeadroadsのワンマンライブ。
Ustream配信番組の「リハーサルどうでしょう」の生公開録画の第一部と、
ガッツリライブの第二部の二部構成でお届けしました。
その日の様子はこちらで見られます。
http://ustre.am/GpqZ

僕ら、メンバー4人のちっぽけなバンドですが、たくさんの人々に支えられて、
こうして活動が出来ている事を再確認しました。本当にありがとう。
2013年も、みなさんに迷惑をかけながら進んで行きたいと思います。
人間は迷惑をかけながら生きて行く生き物であります。
今年は良い新曲を作りたい。

11日は榊いずみバースデイライブ。これまた渋谷の7th Floorにて。
いずみさんの44回目のバースデイということで、たくさんの方々が渋谷に集まった。
前半はいずみさんと二人での演奏。後半は、ギターのKimm姉さんと、パーカッションの
エリさんとの変則バンド。強く美しくたくましい女性の皆さんに囲まれて、
おっきなグルーヴの中で演奏を楽しんだ。いずみさんのボーカルも絶好調で、
素晴らしいライブになった。「太陽」とか泣いちゃうよね。

アンコール前に、サプライズでお客さんも含めたみんなでいずみさんの誕生日を祝福。
素晴らしい夜。俺は携帯を忘れて家に帰ると言うおまけ付き。
無くしたフォンにならなくて良かった、監督、ありがとうございました...


12月の新しい挑戦、清木場俊介さんのクリスマスコンサートWhite Rockに、
コーラス&アコギで参加させてもらいました。
長い長いリハーサルを越えて、みんなで作り上げるライブ。
コーラスチームというものに入るのはもちろん初めてなので、
DavidとSayuleeさんに色々と教えてもらいつつ、一から学ばせてもらった。
東京は、国際フォーラムで2日間。神戸こくさい会館で1日。
大きなステージで、全てを背負って歌う清木場さんの背中は、
半端無くかっこ良かった。
ひとつも妥協する事無い、バンドメンバーもコーラスチームも最高。
素晴らしい経験をありがとうございました。


神戸から帰り、翌日は毎年恒例の染谷俊クリスマスライブ、SHUN'S CAFE。
今年もお酒を飲みながら...といいつつ、ほとんど飲めませんでした。
グランドピアノの染谷先輩との演奏は楽しかったなぁ。メリクリ。

翌日からは、染谷さんのバンドライブのリハ。
RUN NIGHTと名付けられたライブ。3時間、バラード無しという、
とんでもないライブである。12月に独立した染谷さんがはじめて自分で立ち上げるライブ。
こちらも力が入ります。
28日は下北沢、30日は大阪で、盛り上がった。
我らがビードローズのドラマーコジマも参戦。スティングさんと強力なグルーブを作ってた。
結局、最後は染谷先輩の歌力と体力に感服。大阪で、ライブ納め。

2012年も終わったなぁ。なんて感慨に浸る間もないけど、
1泊して、そのまま実家のある岡山に向かった。しばし休息を。


2013年、一発目は1月5日の「本気キックス!」です。
ビードさんを、今年もよろしく!


w3763.jpg