亙瓦版

loading ...

仲間たちとの最高の音楽の夜、ROCK IN THE PAN 2013

11月29日金曜日の夜、渋谷にたくさんの方達に集まっていただきました、
ご来場くださった皆さん、本当にありがとう。

大好きな仲間たちと一緒にライブをやれることの喜びを、今更ながら
身にしみて感じています。MCでも言ったけど、人生あとどれくらい残っているか
わからないから、今日一日を大切に生きたいですね。
そうやってひとつひとつ積み上げて行く中で、昨日の夜のような
"GIFT"が降りてきたら、こんなに素晴らしい事はないです。

イツロモリさん、川島敬治君、サポートメンバーのみなさんも、
本当にありがとう。
モリさんの新しいアルバムはキラキラとポジティブな力に満ちています。
自分も微力ながら参加しているので、発売を楽しみにしていてください。
ビードさんと同じタイトルの「ひかり」、いいよね~
(こっちの方が後から作ったのだけど)

敬治君のトリオは、歌も演奏も本当に素晴らしかった。
昨夜も声が伸びて伸びてどこまでも行きそうでした。
またライブを一緒にやろう!と、約束した。

主催者としては至らぬ点が多々ありましたが、楽しんでもらえてたら嬉しいです。
俺はもう、ほんとに100パーセント楽しみました。

セブンスの鈴木さん、赤木さん、PA風間さん、スタッフのみなさん、ありがとう
ございます。

いつものように我らがDのMGさんがライブRECをしてくれていたので、
またどこかで聴いてもらえるといいな。

ビードさんの新曲「ひかり」は、個人的にはじわじわと来る曲だと自負しております。

アンコールのスパイダーは全員でセッションした。
モリさんと敬治君がとなりで歌っててくれて嬉しかった。
SAXの加藤雄一郎さんのソロが、まるでWINGSみたいだった。

素敵な夜をありがとう。

さて、Beadroadsの東京での年内のライブは終わってしまいましたが、
12月27日は岡山、翌28日は山口でライブがあります。
お近くの方はぜひ。忘年会的に盛り上がりましょう。

来年の東京ライブも実は一本決まっています。
もうすぐアナウンスできると思います。2月あたま。こちらも楽しみな2マンが
控えています。

2013.11.29 渋谷7th floor

1.君がいない
2.ロードソング
3.観覧車
4.ひかり(新曲)
5.Star&Rainbow
6.青ノ時代

E.C.
スパイダー
(Beadroads with イツロモリ、川島敬治、加藤雄一郎)


w3799.jpg

1129!! もうすぐROCK IN THE PAN 2013!!

みんな元気かな?

ここ最近の僕はと言うと、ビードさんの新曲を練習したり、
榊いずみさんのツアーに出たり、スタジオに入ったりしているうちに、
いつの間にか秋が深まって、本格的な冬を迎える心の準備をしている所です。

いよいよ、あと一週間に迫った、ROCK IN THE PAN。
昨年も大好評だったのだけれど、今年も素晴らしい男性ボーカルを集めて、
11月29日(金)に渋谷7th floorで開催します。


まずは朋友のイツロモリさん。独特のスライダーポップな世界観。
最近のレコーディングに僕も参加しましたが、すばらしい新曲がたくさん出来てます。
なんか、すごく良いです、ここ最近のモリさんの音楽。
この日はなんと5人編成のバンドで臨むそうです。たのしみ。

そして、川島敬治くん。
8月7日のライブにゲストとして出演してくれましたが、今回はガッツリと対バンです。
先日、O-EASTでのワンマンを成功させたことも、
記憶に新しいですね。強く、そしてスウィートな歌声。

そして我がビードさんは、新曲「ひかり」を、4人で初めて演奏します。
いやはや、ほんとに楽しみだ!

チケットはまだまだご予約受付中です。

toiawase@beadroads.com

まで、お名前と必要枚数を明記して送ってください。

なんかね、毎日毎日色々とあるんだけど、11月29日はみんながこころから
楽しめるイベントにしようと思っています。
そうそう、恒例のスペシャルフード&ドリンクも用意します。

まずは、「ビードレモン」
大ヒット商品(当社調べ)。ビールにレモンを混ぜただけのようでいて、
混ぜただけでは出ない味わいが出ています。今年も発売決定。

そして、自家製ジンジャーエールとウォッカをかけ合わせた、
「俺たち甘くないよ」。
7th floorの自家製ジンジャーエールがとても美味しいので、カクテルにお願いしました。

スペシャルフードの方は、ロックインザパンにちなんで、
「ナカミのあるピタパン」を限定発売。
今年のテーマである、男はやっぱりナカミでしょ!
ということで、ナカミはエビとアボカドです。
周りは食べやすいピタパンにしました。ぜひ、早めに来場して食べてみてください。
売り切れ必至!

というわけで、なんか宣伝になってしまったけれど、僕は元気です。

今までは"歌"というものに、もうひとつ自信が持てなかったせいか、
"歌う"という事に関して奥手気味だった自分なのだけれど、
清木場俊介さんのツアーにコーラスで参加してから、歌う事がちょっと楽しくなってきて、
(ピッチとかを取れるようになった事が大きいかもしれない)
なんだかライブが待ち遠しい。

自分が変われば諸先輩方の歌声も違った聴こえ方をしてきて、
S先輩もI先生も、やっぱりすげぇなぁと思うのであります。
(これは技術を超えた何かなんだろうね)

まだまだ成長の余地のある自分を見つけられるのは、
生きていく上でとても大切な事だなと、
あらためて思う秋であります。

29日のライブを一番楽しみにしているのは自分かもしれない。
大好きなモリさんと敬治君も来てくれて、こんなに嬉しい事はないです。
ビードさんも張り切りますよ。

じゃあ、11月29日に渋谷で会いましょう、待ってます!


Beadroads presents
ROCK IN THE PAN 2013

~男はやっぱりナカミでしょ!~



出演 : Beadroads / 川島敬治 / イツロモリ



会場:渋谷7th FLOOR
http://7th-floor.net/



日時:2013年11月29日(金曜日)

OPEN 19:00  / START 19:30

前売 2,500円  当日 3,000円 +1drink order





Beadroads(ビードローズ)
日常を鮮やかに切り取る美しい言葉とメロディーの世界観が音楽ファンから絶賛の声を
受けるアコースティック・ロックバンド。 

何も無い荒れ地に小さな石(Bead)をコツコツと敷き詰めて、美しい道に変えて行こう
という意味がある。 
美しい日本語に優しさ溢れる歌声、そして骨太なロックスピリット
を併せ持つ4ピースバンド。


http://www.beadroads.com



川島敬治
一瞬の情景を見事に切り取ったそのリリックと熱く哀愁溢れるメロディー。

ロックを基本としながらも、歌心を大切にしたボーカルスタイルは老若男女を
魅了して止まない。ライブハウスの空気を一変させてしまう天性の歌声は、唯一無二。

http://keiji-k.com/



イツロモリ
ピアノロックトリオ、「コカリクー4d」解散後、ソロ活動を開始。
疾走おセンチピアノロックをテーマに活動中。身魂と楽器が一丸となった
奔放な弾き語りが時に潔く時にセンチメンタルに颯爽と駆け巡る。
今回はバンドを率いての演奏。

http://itsulo.com/


w3798.jpg

温泉と竹下通りとフランスと地下鉄と私。

本当にご無沙汰しております。

いつもいつも同じ弁解を繰り返すのだけれど、TwitterやらFacebookやら、
色々とやってたらなかなかblogを書く時間が無い。
亙瓦版はシステム上、パソコンを開かないと更新できないので、
(iPhoneからやれればいちばんいいんどね)
重い腰が上がらないという事になってしまう。
もはやこのページを覗きに来る人もいなくなったのではないかと思うほどである。

告知やら日々の動向やらはTwitterやFacebookに載せているので、
今日はどうでもよい事を書こうかな。

先日、ちょと山登りに八ヶ岳に行った帰りに温泉に寄った。
男湯の脱衣場には、外国人の白人のおじさんがひとり。
本格的な温泉風情だったので、体は洗えるのか、シャンプーや石鹸はあるのかと、
風呂の中をのぞいたりきょろきょろしてたら、ちょっとポールマッカートニーに似ている
そのおじさんに流暢な日本語で、
「ダイジョブデスカ、オンセンハジメテ?」
と聞かれた。

まさかそんなことを外国の方に聞かれると思っていなかったのでびっくりして、
「No,No, It's OK.」などと訳の分からない事を言ってしまった。

その後、おじさんは服を着ながら、僕は服を脱ぎながら話をしたのだが、
おじさんは60代のフランス人で、日本にはもう40年くらいいるらしい。
原宿の竹下通りのど真ん中で旅行代理店を営んでいたのだが、
仕事をリタイヤして、(竹下通りの世紀末縁日的な狂気に嫌気がさして)
移住したらしい。
「昔の原宿はあんな感じじゃなかったよ」と、おじさんは嘆いていた。

退職後はもっと静かな場所で暮らしたいということで、
山奥の会社の別荘に住んでいるとのことであった。
そこはなかなか濃い温泉で、筋肉の疲れが良く取れてとっても良かった。

さて、今朝、スタジオに向かう為に電車に乗っていると、
フランス人のカップルが、路線図を見ながら困っていたので、
「You need Help?」と英語で話しかけてみた。
(こないだNYの地下鉄でこんな風に聞いてきてくれた人がいて嬉しかったのだ)
彼らは東京駅に行きたかったみたいなので、教えてあげてたらたいそう
喜んでくれた。それにしても東京の鉄道を乗りこなすのは至難の技ですよね。

というわけで、なんとなくフランスが気になる今日この頃です。
最近、出会いは全て縁だなぁなんて思っている次第であります。

さて、もうすぐフランスじゃなくて北海道に行くぞ。おわり。


w3797.jpg


土曜日の朝日新聞の「be」という別冊が好きです。時々土曜日だけ新聞を買います。美輪明宏の人生相談「悩みの坩堝」が読めるのもおもしろい。