亙瓦版

loading ...

1129!! もうすぐROCK IN THE PAN 2013!!

みんな元気かな?

ここ最近の僕はと言うと、ビードさんの新曲を練習したり、
榊いずみさんのツアーに出たり、スタジオに入ったりしているうちに、
いつの間にか秋が深まって、本格的な冬を迎える心の準備をしている所です。

いよいよ、あと一週間に迫った、ROCK IN THE PAN。
昨年も大好評だったのだけれど、今年も素晴らしい男性ボーカルを集めて、
11月29日(金)に渋谷7th floorで開催します。


まずは朋友のイツロモリさん。独特のスライダーポップな世界観。
最近のレコーディングに僕も参加しましたが、すばらしい新曲がたくさん出来てます。
なんか、すごく良いです、ここ最近のモリさんの音楽。
この日はなんと5人編成のバンドで臨むそうです。たのしみ。

そして、川島敬治くん。
8月7日のライブにゲストとして出演してくれましたが、今回はガッツリと対バンです。
先日、O-EASTでのワンマンを成功させたことも、
記憶に新しいですね。強く、そしてスウィートな歌声。

そして我がビードさんは、新曲「ひかり」を、4人で初めて演奏します。
いやはや、ほんとに楽しみだ!

チケットはまだまだご予約受付中です。

toiawase@beadroads.com

まで、お名前と必要枚数を明記して送ってください。

なんかね、毎日毎日色々とあるんだけど、11月29日はみんながこころから
楽しめるイベントにしようと思っています。
そうそう、恒例のスペシャルフード&ドリンクも用意します。

まずは、「ビードレモン」
大ヒット商品(当社調べ)。ビールにレモンを混ぜただけのようでいて、
混ぜただけでは出ない味わいが出ています。今年も発売決定。

そして、自家製ジンジャーエールとウォッカをかけ合わせた、
「俺たち甘くないよ」。
7th floorの自家製ジンジャーエールがとても美味しいので、カクテルにお願いしました。

スペシャルフードの方は、ロックインザパンにちなんで、
「ナカミのあるピタパン」を限定発売。
今年のテーマである、男はやっぱりナカミでしょ!
ということで、ナカミはエビとアボカドです。
周りは食べやすいピタパンにしました。ぜひ、早めに来場して食べてみてください。
売り切れ必至!

というわけで、なんか宣伝になってしまったけれど、僕は元気です。

今までは"歌"というものに、もうひとつ自信が持てなかったせいか、
"歌う"という事に関して奥手気味だった自分なのだけれど、
清木場俊介さんのツアーにコーラスで参加してから、歌う事がちょっと楽しくなってきて、
(ピッチとかを取れるようになった事が大きいかもしれない)
なんだかライブが待ち遠しい。

自分が変われば諸先輩方の歌声も違った聴こえ方をしてきて、
S先輩もI先生も、やっぱりすげぇなぁと思うのであります。
(これは技術を超えた何かなんだろうね)

まだまだ成長の余地のある自分を見つけられるのは、
生きていく上でとても大切な事だなと、
あらためて思う秋であります。

29日のライブを一番楽しみにしているのは自分かもしれない。
大好きなモリさんと敬治君も来てくれて、こんなに嬉しい事はないです。
ビードさんも張り切りますよ。

じゃあ、11月29日に渋谷で会いましょう、待ってます!


Beadroads presents
ROCK IN THE PAN 2013

~男はやっぱりナカミでしょ!~



出演 : Beadroads / 川島敬治 / イツロモリ



会場:渋谷7th FLOOR
http://7th-floor.net/



日時:2013年11月29日(金曜日)

OPEN 19:00  / START 19:30

前売 2,500円  当日 3,000円 +1drink order





Beadroads(ビードローズ)
日常を鮮やかに切り取る美しい言葉とメロディーの世界観が音楽ファンから絶賛の声を
受けるアコースティック・ロックバンド。 

何も無い荒れ地に小さな石(Bead)をコツコツと敷き詰めて、美しい道に変えて行こう
という意味がある。 
美しい日本語に優しさ溢れる歌声、そして骨太なロックスピリット
を併せ持つ4ピースバンド。


http://www.beadroads.com



川島敬治
一瞬の情景を見事に切り取ったそのリリックと熱く哀愁溢れるメロディー。

ロックを基本としながらも、歌心を大切にしたボーカルスタイルは老若男女を
魅了して止まない。ライブハウスの空気を一変させてしまう天性の歌声は、唯一無二。

http://keiji-k.com/



イツロモリ
ピアノロックトリオ、「コカリクー4d」解散後、ソロ活動を開始。
疾走おセンチピアノロックをテーマに活動中。身魂と楽器が一丸となった
奔放な弾き語りが時に潔く時にセンチメンタルに颯爽と駆け巡る。
今回はバンドを率いての演奏。

http://itsulo.com/


w3798.jpg

コメントする






画像の中に見える文字を入力してください。