亙瓦版

loading ...

「小さな愛」MV完成!

EMC設計にて、みなさんに手伝っていただいたMV、完成しました。

みんなから送っていただいた写真もあいまって、良い仕上がりになっていると思います。なんでもない風景、光景で、グッときちゃうものなんですね。日常って、見逃してしまうことが多いんだなと実感。ありがとう。


9月20日 旅する音楽

昨日、富山から東京に戻ってきた。

事故渋滞から始まった関越自動車道の渋滞は夕方には40kmを超え、午前11時に出発したのに、家にたどり着いたのは23時。長い車での移動には慣れているけど、いやはや、渋滞は疲れるものだ。

けれども、実り多き旅になったことは間違いない。

9月17日は、豊橋EMC設計デモルームでの、E-Music Yaruze Come On! 2016

3回目となる今年も、開催にこぎつけるまでの準備は大変だったけれど、

(EMCのひろCさんとスタッフのみなさんはもっと大変だっただろう)

EMCでしか成立しないイベントになったと思う。毎回、来てくださる方々が満足してくれて嬉しい。(美味しい料理が半分くらい占めているのではないかと思うけれど)

うーん、文章ではなかなか伝えきれないから、実際、来てもらうしかないのだけれど。

今回、ビードローズは流さんと2日間、一緒に旅をした。

2日目は富山へ移動。豊橋からまあまあ近いじゃんなんて思っていたのだが、しっかり6時間ほどかかった。流さんが何度もライブをやっている、来望(くるみ)というお店で、地元のアーティスト、マツバラーズも一緒に。

マツバラーズのギターのまっちゃんは、4月の頭の高岡・カフェ ポローニアでのライブを観に来ていたらしい。ようやく、出会うことができた。

ボーカルのマブちゃんの、深い歌声と、まっちゃんのギターのコンビネーションは、唯一無二のもので、どこか遠い前世から一緒に演奏してきたんじゃないかと思うような繋がりが、音の隙間から垣間見えるようだった。

ここ2日間、流の歌声も素晴らしかった。というのは、少し前までは彼女の"強さ"が前面に出ていたのだけれど、今度は優しさと愛情とユーモアが豊かになっていたからだ。

普段の生活から離れて、旅に出て、歌を歌って。

余韻がまだ冷めないけど、記憶が心を温めてくれる。

今できることを一生懸命にやろうと、そう思うのです。


tumblr_ods8krGHS01ub4sauo1_540.jpg


tumblr_ods8krGHS01ub4sauo2_540.jpg